帝都防衛: 戦争・災害・テロ (歴史文化ライブラリー)

  • 16人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 土田宏成
  • 吉川弘文館 (2017年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642058520

帝都防衛: 戦争・災害・テロ (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 94ページの桐生悠々が1933(昭和8)年8月11日の信濃毎日新聞に社説として書いた「関東防空大演習を嗤う」に関する記事、「歴史は繰り返す」ということを改めて考えた。某○ーアラートで一喜一憂している状況は、80年以上昔とそんなに変わっていないのではないか。

全1件中 1 - 1件を表示

土田宏成の作品

帝都防衛: 戦争・災害・テロ (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

近代東京の安全を脅かしたものは何だったのか。明治維新直後の政情不安から昭和の敗戦までの長期間を取り上げて分析。戦時の沿岸防衛と防空体制整備、関東大震災で生じた甚大な火災被害、二・二六事件をはじめとするクーデターへの対応など、その時々に要請された防衛課題から帝都がいかに守られてきたかを検討し、当時の情勢や社会的影響に迫る。

帝都防衛: 戦争・災害・テロ (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする