古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 木下 正史  佐藤 信 
  • 吉川弘文館 (2010年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642062916

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)の感想・レビュー・書評

  •  一人の執筆者ではなく、大勢の執筆者によって書かれており、それぞれの意見が尊重されていて多方面から飛鳥・藤原京について知ることができるのでこの本を選びました。
     史料が掲載されておりとても見やすく、更に理解を深めることができます。
    (外国語学部/匿名希望)

  • 「古代の都」というシリーズ物の1巻。
    通史的なものではなく、執筆者それぞれの研究の成果が盛り込まれていて、必ずしも全章に統一感があるわけではないので、混乱しないように注意が必要かも。
    (あえて統一しなかったというのは、編者があとがきにキチンと記している)
    刊行されてまだ日が浅いので、最新の発掘成果も盛り込まれている。まさに今、目を通しておくのがオススメ。

    歴史のとらえ方で、多少(嫌気的意味で)気になるところはあるんだけど・・・そこがこの本の本質ではないから、仕方ないのかなぁ、などと。ま、個人的見解。

全2件中 1 - 2件を表示

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)の作品紹介

古墳時代から決別し、本格的な古代国家が形づくられた飛鳥・藤原京の時代。対外交流による文明開化と社会が大きく変貌していく古代日本の姿を、宮都や寺院跡、出土遺物・木簡や文献史科、仏像や古墳壁画などから迫る。

古代の都〈1〉飛鳥から藤原京へ (古代の都 1)はこんな本です

ツイートする