総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)

  • 11人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小林啓治
  • 吉川弘文館 (2007年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642063319

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「二十世紀の起点としての第一次世界大戦」という位置づけのもと、その戦いの中で反戦を貫き通したロマン・ロランの思想を中心に大戦中も絶えることなく広がりを見せた「反戦」「平和」の価値を見い出す一書。最終的には国民国家を超えた世界市民主義的な社会体制の見通しについても触れている、と思う。世界史的な見地から第一次世界大戦における日本の位置を考える、ということでとても興味深い。

    第一次大戦および帝国主義がいかにエゴイスティックなものであるかを描き出す部分には共感を覚えるのだけど、最後のほうで出てくる「人間的インターナショナル」とかを直接的に評価(しているように思える)するのはちょっと早急に過ぎるかな?という印象。ある意味で楽観的な近代主義的個人主義に依拠しているロマン・ロランの「人間観」に支えられた世界市民主義は、個人の前提となった「主体」が揺らいでいる現状においてまだ有効たりうるのであろうか・・・という一抹の疑念は拭えないのである。

    しかしそんなことは著者もたぶん百も承知だと思う。歴史の本(しかも「戦争の日本史」だ)という制約なのだから、デモクラシーの今日的可能性について論を展開しなかったのは当然だろう。というわけで、この本の「その先にあるもの」について、気になってしまったのでした。あ、もしかしたらこれは歴史学が今日的課題にいかに対応できるか?という疑問と同義かもしれないなあ。

    関係ないですがp57が「井上薫」になっています。本来は「井上馨」。誤植ですな。

全1件中 1 - 1件を表示

小林啓治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)を本棚に登録しているひと

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)を本棚に「積読」で登録しているひと

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)の作品紹介

山東半島の利権をめぐり第一次世界大戦に参戦した日本。ドイツとの開戦、英・中国との外交交渉の過程からその国家的意志を追究。シベリア出兵へ続くヨーロッパの政治状況の構造変化を、反戦思想家の足跡から検証する。

総力戦とデモクラシー (戦争の日本史 21)はこんな本です

ツイートする