明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 石塚裕道
  • 吉川弘文館 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642080514

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1863~75年横浜には英仏の軍隊が(最大時3200名)駐屯していた。。この間国内では薩英戦争、下関戦争という外国VS薩摩・長州の​戦闘には横浜が出撃拠点に。また戊辰戦争時にはこの駐屯軍の軍事力を背景に英国公使パークスが官軍・幕軍に影響力を行使したことも有名。
    攘夷事件の続発や条約開港の実行が遅れることに業を煮やした英には「日本封鎖」計画すらあり​、一部史家には「日本の植民地化」危機論争も。

    函館関連では、①​1860年のロシア軍艦の対馬一時占領事件の主役「ポサドニク艦​」は箱館から出航。②箱館戦争時に七飯に広大な農場を租借した「​ガルトネル」事件、そして同じく③箱館戦争時に英仏対露の国際的​対立と軍事援助の策謀・・・という話が出てくるあたりが面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

石塚裕道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム ルー...
ヴィクター・H・...
エリザベス アボ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係を本棚に「積読」で登録しているひと

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係の作品紹介

一九世紀後半の横浜に一〇年余り駐留したイギリス・フランスの軍隊-。急変する国際関係のもとで、外国軍隊が与えた影響とは。欧米間の牽制と協調、日本側の不信と友好関係が渦巻く明治維新史を"地球規模"で読み解く。

明治維新と横浜居留地―英仏駐屯軍をめぐる国際関係はこんな本です

ツイートする