民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直す

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新谷尚紀
  • 吉川弘文館 (2011年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642080538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直すの感想・レビュー・書評

  • 民俗学の成り立ちをまとめた民俗学学史。著者の判断では南方熊楠は民俗学の成立には関わっていないとして本書では言及なし。柳田が目指したのは歴史学であって人類学ではなかったのは知っていたが、それで怒って研究所を閉めてしまうとは厄介な御仁だ。

全2件中 1 - 2件を表示

民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直すの作品紹介

日本民俗学はフォークロアでも文化人類学でもない。柳田國男・折口信夫・渋沢敬三らの原点確認によりそれらの誤解を解き「もう一つの歴史学」として捉え直す。民俗学の新たな出発と豊かな可能性を描く民俗学入門。

ツイートする