日本の伝統色―色の小辞典

  • 37人登録
  • 3.81評価
    • (6)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 福田邦夫
制作 : 日本色彩研究所 
  • 読売新聞社 (1987年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784643870336

日本の伝統色―色の小辞典の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お気に入りです。日本人の色彩感覚の素晴らしさもですが、漢字の美しさも感じられると思います。

  • 日本の伝統文化の基本の一つに色があります。
    日本に存在する動植物、鉱物の色と、その名前が出発点だと考えることができます。
    海外からやってきた、動植物、鉱物の色も、日本の文化の中にとけこんできたものは、日本の伝統色の一つになっていると思います。

    そういった色に関する情報を提供してくれる貴重な本の一つです。

  • 【NDC-R757.3】(119p ; 21cm)
     基本色を「赤」「橙・茶」「黄」「緑」「青」「紫」「白・灰色・黒」の7色とし、計154色名を分類・解説したもの。
     全ページカラーであり、解説も面白い。色名を知ることにより、日本語の美しさを感じ取れる一冊。

  • 色はすてきです。
    そして、古文にでてくるような十二単衣の色を想像するもよし、原色ではない日本独特の色のバリエーションを見て日本人を満喫するもよし。

  • 日本の伝統色を色見本と解説と共に探せます。原料の植物など、細かな事もわかります。引きやすい・見やすいので大助かり!<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4643870338/ieiriblog-22" target="_blank">日本の伝統色―色の小辞典</a>

  • 様々な色の本の中で一番印刷も字体も説明もわかりやすい。色の勉強をされる方、日本画や染色・着物に興味のある方にオススメの一冊。

  • 154の日本の伝統色を、色見本と語源になった四季折々の草花や動物たちのカラー写真つきで解説する。さらに、いまは廃語になった300以上の色名の語源を探索する。見て、引くカラー辞典。

全7件中 1 - 7件を表示

福田邦夫の作品

日本の伝統色―色の小辞典に関連する談話室の質問

日本の伝統色―色の小辞典を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の伝統色―色の小辞典を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の伝統色―色の小辞典はこんな本です

ツイートする