新宿鮫―無間人形

  • 88人登録
  • 3.45評価
    • (5)
    • (8)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 大沢在昌
  • 読売新聞 (1993年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784643930696

新宿鮫―無間人形の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 直木賞(1993下/110回)

  • 請求番号:913.6/Oos

  • あれだけ過去の出来事がちょこちょこ出てきてたのに、読了後にこの本が1作目ではない事に気づいた><
    早く1作目を読みたい!と思う程面白かった!

  • 流行する麻薬の種類と、民族性や景気の関係が印象的エピソード。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/8522929.html

  • 面白いですわ……
    キャラのバラエティっぷりとストーリー展開のたたみかける感じが。素晴らしい。
    しょーもない財閥の二男の壊れっぷりとか、ブラヴォオ。

    バブル時代の残り香ぷんぷんですけど。
    しかも「そ、そんな人間関係上の偶然が」という感じではありますが、勢いに呑まれます。

    面白い。
    作者がエンターティナーに徹していると思いました。

  • 長いの苦手なのに最後まで読めた。

全6件中 1 - 6件を表示

大沢在昌の作品

新宿鮫―無間人形を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新宿鮫―無間人形を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新宿鮫―無間人形の作品紹介

新宿の街の闇でひそかに「アイスキャンディ」と呼ばれる新型の覚醒剤が売られていた。その密売ルートを追う鮫島の前に立ちはだかる、暴力団と地方財閥の兄弟たち。事件を追いつめる鮫島だったが、悪の手は鮫島の恋人・晶にも迫る。絶体絶命の危機に落ちた晶。果たして鮫島は恋人を救うことができるのか。

新宿鮫―無間人形の文庫

ツイートする