ファーディのはる

  • 54人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ティファニー ビーク  Julia Rawlinson  Tiphanie Beeke  木坂 涼 
  • 理論社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652004302

ファーディのはるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆もりにはるがやってきた。春は誰しも浮かれ気分に。森の中にも浮かれ気分のこぎつねさんが…。ファーディはクンクンお花を嗅いだり、楽しそうに鼻歌を歌ったり♪そして、幸せそうな顔で丘を滑って行くと…そこにはなんと雪が!優しいファーディは春気分のお友達にまた寒くなる事を急いで伝えに行きます。それを聞いたうさぎさんは…笑。

    ほのぼのとした動物たちに癒される。ぱあっ!みんな本当にファーディが大好きなんだねってページで思わず微笑む。
    今の季節にこの絵本が読めてよかった。

  • >森にはるがやってきました。
    ところが果樹園には白いものがひらひら―。
    雪がふってきたとかん違いしたあわてんぼうのファーディは…。

    なんとか春の間に読めてよかった♪
    ふんわりとし優しい雰囲気の絵が好みでした。
    ファーディの勘違いがとてもかわいい。
    読みながらにっこり笑顔になってしまいました。

    雪だと思ったのが一面の花びらだったのですが、皆で驚く場面はうっとりしてしまうほどきれい。
    花びらで思いっきり遊ぶ場面、その花びらをそれぞれの動物が思い思いの方法で持ち帰る場面、一人残ったファーディが春を静かに満喫する場面どれも心に残りました。

  • ティファニー・ビークの絵がそれはそれは可愛らしくてすてき。動物さんたちの目がキラキラしています。春満開の絵本。

  • この季節にこの本に出会えてよかった
    ちっちゃい目がうるうる(*^_^*)
    可愛いです

    日本は、果樹園に行かなくても
    幸せになれるね

    ピンク色の見開きがきれい

  • ファーディがお散歩している顔がとっても楽しそうで、素敵なことが待ち受けている予感をさせます。

    やわらかい絵が気持ちをほっこりさせてくれます。

  • 桜吹雪の場面が幻想的。
    実際にさえも見られない、ここだけの風景が広がっていた。

  • 2012年3月15日

    <FERDIE’S SPRINGTIME BLOSSOM>
      
    Book design/丸尾靖子

全7件中 1 - 7件を表示

ジュリア・ローリンソンの作品

ファーディのはるを本棚に登録しているひと

ファーディのはるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファーディのはるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファーディのはるを本棚に「積読」で登録しているひと

ファーディのはるの作品紹介

もりにはるがやってきました。ところがかじゅえんには、しろいものがふわふわひらひら。「…ゆき?たいへんだ、これからきっとさむくなるんだ!みんなにおしえてあげなくちゃ」ファーディはおおいそぎでみんなにしらせにいきますが…。

ツイートする