星の牧場 (理論社名作の森)

  • 66人登録
  • 3.61評価
    • (6)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 庄野英二
制作 : 長 新太 
  • 理論社 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652005224

星の牧場 (理論社名作の森)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の頃によんでいたのを再読。当時に内容を理解していたとは思えない。なかなかに重厚。わたしはチクリンとタケバヤシだけをしっかり記憶していました。
    幻想文学もしくは詩篇と見てもよろしい。

  • モミイチが戦争の兵士として戦ってから
    母国に帰ってきた時、感情がからっぽになっていた。
    各楽器の音楽に出会い、少しずつ人間らしさを取り戻していく。

  • 澄み切った文章です。それがよけいに、物悲しい。きゅんとなります。

  • 不思議。登場人物紹介のページからは予想もつかないような話が始まるし、食べ物はやたらとおいしそうで音楽も楽しそうなのに、どこか物悲しい。

  • これははたから見れば戦争で心を病んでしまった人が見聞きした幻覚・幻聴の物語となってしまいそう。でもそれじゃ身も蓋もないな。戦争が人の心にもたらしたものを戦争を経験していない私は想像することすらできない。でも最後に彼は大好きなものに出会えたのだと思いたいな。

  • 第2回 昭和39年

  • これぞ戦後児童文学。
    映画と並列しながら
    読みましょうね。

    戦争ってなんだろう。
    愛しいとはなんだろう。
    音楽ってなんだろう。

    音楽の美しさと戦争の儚さ
    の比較対象としての内容的妥当性
    はいかに整合しているか。
    戦争被害者の健忘とフラッシュバック
    のPTSDに捧げる抒情詩。
    明るくエンドに向かうモミイチ(主人公)
    の足跡と足音。

    ★☆星☆★がきらきらキラキラ綺羅綺羅

  • 個人的に、不思議と涙がとまらなかった一冊。

    ときどきふっと読み返したくなる癒しの本です。

    音が聴こえてくる、たくさんの色を感じる、やさしい風のような表現。

    モミイチの純粋さ、うつくしい何かにふれて、こころが動いているような気がします。

  • テレビ化・映画化もされた戦争童話の決定版です。
    モミイチの優しい心に打たれます。長新太さんの挿絵もすてき。

全13件中 1 - 10件を表示

庄野英二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
オトフリート=プ...
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
村上 春樹
谷崎 潤一郎
遠藤 周作
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
ウンベルト エー...
中島 京子
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

星の牧場 (理論社名作の森)に関連するまとめ

星の牧場 (理論社名作の森)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の牧場 (理論社名作の森)を本棚に「積読」で登録しているひと

星の牧場 (理論社名作の森)の作品紹介

あなたには、戦場を駆けるひづめの音が聞こえますか?いま再び注目される「不朽の名作」。

星の牧場 (理論社名作の森)はこんな本です

星の牧場 (理論社名作の森)の新書

星の牧場 (理論社名作の森)の単行本

星の牧場 (理論社名作の森)の大型本

ツイートする