ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)

  • 791人登録
  • 4.15評価
    • (163)
    • (77)
    • (104)
    • (3)
    • (0)
  • 121レビュー
著者 : 岡田淳
  • 理論社 (1994年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652006115

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人とつながることって楽しい。内向的で、1人でゆっくりお茶を飲んだり本をよんだり空想するのが好きなスキッパーが、届いた手紙がぬれてしまったハプニングから、少しずつまわりに住んでいるこそあどの森の住人たちとつながりを持っていきます。そのうちスキッパーの生活にある変化が。人とつながることのあたたかさが沁みるおはなし。こそあどの森に住む住人たちの住まいの間取り図もとっても楽しい。みんな生活を楽しんでいる様子が伝わってきて、もっとこのシリーズが読みたくなります。小学3年生ぐらいから、大人まで。

  • なんてよくできていて、幸せに満ちたお話なんでしょう!自分の子供時代に出会っていたら、どんなにこの本が思い出になり、拠り所となったことか!

    1人が好きで、バーバさん以外の人に心を許したことのないスキッパー。
    でも、木の実のせいで森の人たちと少しずつ関わっていくうちに、読む本が変わっていくんです。きのこの標本ばかり読んでいたのに、人間の出てくる物語を読むようになる。みんなにお茶をいれてあげたくなる…

    素敵な人に囲まれて暮らすということの幸せを、つくづく教えてもらえる物語です。

  • この森でもなければ
    その森でもない
    あの森でもなければ
    どの森でもない
    こそあどの森

    シリーズ1
    家で誰にも会わず一人の楽しみに浸ってくらすスキッパーへ旅行中のバーバから木の実が届く。
    料理の仕方を誰かに聞かなくてはいけないけれど、誰かと話すなんて、と戸惑うスキッパー。

    みんなの暮らすお家が素敵。
    絵が可愛くて眺めてニヤニヤしている。
    トマトさんとポットさんのラブラブぶりにもニヤニヤ。
    どうなっちゃうのかドキドキしながら読んで、最後はほっこり。
    お茶にお呼ばれしたくなった。
    ポアポアはどんな味なんだろう。

    チビちゃんたちに読んで欲しくて借りたけれど、すっかり私が夢中に。よしよし次も読もう!

    ポアポアのジャム、僕も食べてみたい。
    あとお茶もー!S10

  • 児童書なんだけど大好きなシリーズ「こそあどの森の物語」の第一作。

    どう料理しても硬い殻を保ったままの「ポアポアの実」
    人嫌い、引きこもりの主人公・スキッパーが料理法を探して人と触れ合って成長していく物語。

    硬い殻のポアポアは心を閉じたスキッパー自身。
    そのポアポアの実の調理法がわかるとき、スキッパーも心を開いて大きな変化を果たす。

    家の図など細かいところまでしっかり書いてあって創造が膨らみます。
    昔から何度も何度も読み返している本。

  • 児童文学ははつらつとした元気な主人公が多いけれど
    この本は違って、
    人とかかわるのがうまくない引っ込み思案な男の子が主人公だった。

    挿絵が時々入っていて、
    瓶ややかんで作られた家の図などがかわいらしかった。

    ちょっとの勇気を出し続けたことで
    生活がいい方向に変わったスキッパー。
    読んでいて心がじんわりとあたたかくなる。
    このシリーズをもっと読みたい。

  • 今で言う、引きこもりのニート、スキッパーが主人公。一緒に暮らしていた学者のバーバさんは南の島に行ってしまった。バーバさんから南の島の木の実、ポアポアが送られてきました。添えられていた手紙は雪解け水でにじんでいて肝心なところが読めません。ポアポアの料理方法は、どうやらこそあどの森の誰かに聞けばわかるようです。

    はじめは億劫そうで、森の住民との間に距離を感じ、ほんと引きこもりのニートで人間不信!って感じたけれど、徐々に変わっていくスキッパーの姿をみて、ああなんかいいなあと思いました。微妙な心の変化をこんなにも丁寧に描けるのはすごいとしか言いようがないですね。
    人との触れ合い、関わり合いがあるからこそ、一人の時間も心地よいものになる。それは孤独に引きこもっていた頃には味わえなかった気持ちなんですね。

  • ポアポアというのは、いいもの、という意味だそうです。

  • ふしぎな木の実の料理法 岡田淳 理論社
    こそあどの森の物語

    よくよく考え抜かれた上で
描き始めたのだろうシリーズ物
童話のプロローグ
第一話である

    自閉症気味の主人公であるスキッパー
    彼は《こそあど》と呼ばれる森に住む
一人静かに博物的な本を読んで過ごしているところへ
見たことのない種が小包でとどくことから
日々お隣さん達と触れ合う冒険に引き込まれていく

    何でもない普通の暮らしのなかに
    倫理的な意識に関する匂いが染み出してくる
    この何気なさがこの本の素晴らしいところだと思う

    登場人物たちが住んでいる家も素敵なデザインで
挿絵も同じ作者によるシンプルで味のある
可愛いものである

  • “だれもがまぜてるとき、目をとじて、しあわせそうな顔をしていました。”


    最新刊が出たので1巻から再読。
    芽が出た時、スキッパーの家の中で外からみんなの声が聞こえた時、一緒になってドキドキした。

  • 子どもの頃、だいすきだった本。
    また読めて嬉しい。

    家の図でてきたとき、
    わくわくした。

全121件中 1 - 10件を表示

岡田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
あさの あつこ
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)に関連するまとめ

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする