ドングリ山のやまんばあさん

  • 163人登録
  • 3.83評価
    • (15)
    • (16)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 富安陽子
制作 : 大島 妙子 
  • 理論社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652011447

ドングリ山のやまんばあさんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [Z会3年推薦]

    100年ぶりに人間の住む町に来たやまんばあさんが見つけた、「よろいのような体を持ち、短い足をグルグル回して走る生き物」ってきっと車のことだよね!

  •  ドングリ山に住む296歳の山姥、やまんばあさんのお話。
     山姥なのに、めっちゃ陽気で、無邪気で、親切。
     嵐が来たときの喜びようと言ったら。
     1人で何役もやりながら、嵐の海の難破船ごっこをやるやまんばあさん、かわいすぎる…。

     も~やまんばあさん、大好き。
     富安さんの作品の中で、このシリーズが一番好きかも。

  • 無邪気なやまんばあさんの様子がとても楽しいです。

  • 元気いっぱいのやまんばあさん。
    車を追いかけられるのは、ひゃあーやっぱ怖いかな(笑)
    おともだちも出来て、一緒に過ごした時間の楽しい気分や、お別れするときの淋しい気分もやまんばあさんには
    初めての気持ちだったのかもしれないな。

  • ≪県立図書館≫

    やまんばあさん、かわいい楽しい!
    恐れる必要無し!だけれど、
    車とレースされたら、やっぱ怖い気持ちになっちゃうかな。

  • ら抜き言葉が気になった。
    いい年の人が書いた本だろうに。
    子供向けの本くらい、ちゃんとした日本語で書いてほしい。

  • 子どもみたいに無邪気な、やまんばあさんが可愛かったです。
    ひとり遊びでも心から楽しそうなのがいいなーと思いながら、でも少し寂しかったりするのかな…なんて思って読んでいたので、最後に人間のお友達が出来て良かったです(^^)
    ハチャメチャな反面、何故だか心がほっこりするお話でした(*^_^*)

  • 破天荒なやまんばあさん、296さいだけど元気いっぱい!自動車よりも速く走るしアオダイショウよりも強い。
    はちゃめちゃだけどまっすぐなやまんばあさんが面白い。

  • やまんばあさんは                      ばあさんなのに                       子供みたい!

  • おもしろーい!^^

    富安さんのやまんばの話

    おばあさんは元気で無邪気でやさしい

    富安さんのお話はおなかがすくなー
    やまんばじる食べたい

全17件中 1 - 10件を表示

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ドングリ山のやまんばあさんに関連する談話室の質問

ドングリ山のやまんばあさんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドングリ山のやまんばあさんを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする