ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)

  • 61人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : さとう あや 
  • 理論社 (2009年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652013144

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • >隣の空き家から聞こえてくる怪しい物音。
    ピピンはなかよしのトムトムと一緒に張りこみをすることに。
    そこに現れたのは……?

    著者の物語は女の子が主人公のイメージが強かったのですが、これは男の子二人が主人公。
    ちょっと新鮮な気分で楽しめました。

    秘密に冒険、恋物語もあって盛りだくさんの一冊。
    怪盗ダンダン、ドレミ三姉妹、元気なおばあさんチェントさんなど魅力的な大人達も素敵でした。

  • 予想以上にけっこうおもしろかったので★4つ!
    3つでもいいんだけど
    ハッピーエンドがなんかよかったので・・

    たかどのほおこさんて
    けっこう読んでる気がするんだけど
    これは面白かったな~

    キャラがよかった

    60すぎて、今までにした悪事に点数をつけて(ひどいやつは10点とか、ささいなのは1点とか)600何点とかで、
    今からいいことをして赤字を黒字にするまで死ねない(天国に行きたいから)おばあさんもうすぐ101歳とか

    ドレミ三姉妹の次女
    神経花瓶症(笑)
    花瓶を買わずにはいられない病気ww
    おもしろすぎる

    三女かわいい
    ドラマの怪盗ダンダンがすきで他の男性とは結婚できない

    ダンダンさんもかっこいいイケメン

    花屋でのやりとりが><たまらん><

    男の子ふたりの将来の夢が、「怪盗ダンダン」ってのもかわいくていいけど
    「しあわせな結婚」ってのが、
    そのとおりだよな~ってのと、
    子どものくせにわかってるじゃん!
    ってかんじで
    なんかいいなあ^^

    絵もかわいい
    「ネコのタクシー」とかのひと
    はなよめかわいい

  • ★★★★★
    日本人作家さんが書いたとは思えない、外国少年情緒あふれる(?)作品。
    仲良しピピンとトムトムは、とあるアパートに見え隠れするナゾの人物の正体を突き止めようとしますが・・?
    読後感さわやか!ステキな物語です。
    (まっきー)

  • 個性豊かな登場人物と、予想外の展開があるが、たかどのほうこさんのものとしては、もう一発インパクトがあることを期待した。

  • ピピンとトムトムの冒険を応援してしまった。

  • 子供による探偵活動とおばあちゃん..
    幸せな二人の出会いと結婚パーティ.

    心温まるお話が、
    お話にあった絵と一緒に楽しめます.

    多色刷りと白黒のどちらの絵も素敵です.

  • みにぴ 2011.11.13

  • 男の子2人組 3姉妹 探偵 作家花瓶 花屋 人気俳優の秘密 ダジャレ 将来の夢 100歳のおちゃめなおばあちゃん

  • おもしろい!

  • 他愛ない冒険だが、101歳の元気なおばあさんや三人姉妹のキャラクターが楽しい。

全11件中 1 - 10件を表示

たかどのほうこの作品

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)の作品紹介

「地球にいるほうがずっといいもの」コマドリの鳴く、うららかな街で、九歳のピピンとトムトムは思いました。夢は宇宙飛行士より、だんぜん…。

ピピンとトムトム―怪盗ダンダンの秘密 (おはなしルネッサンス)はこんな本です

ツイートする