落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)

  • 140人登録
  • 4.26評価
    • (32)
    • (18)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 31レビュー
制作 : はた こうしろう 
  • 理論社 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652038413

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・女の子のマーチ
    ・もっと強く
    ・色の名
    ・落ちこぼれ
    ・私のカメラ
    ・自分の感受性くらい

  • 茨木のり子の詩は、わかりやすく、読みやすく、自分たちに届きやすい。だけれども、凡庸ではなく、詩としての完成度が高い気がする。昔から知っていたが、自分の感受性くらい、は好きだ。

  • 茨木のり子の詩集を、
    何冊か読んだ。
    代表作が、
    当然だけれど、
    重複してきているので、
    作品集はこれで一応、〆。

  • なんでこんなに彼女の言葉は重いんだろ。とりあえず読んでほしい。2011/044

  • 内定が出たら買うと決めていた一冊第一弾。
    「落ちこぼれ 結果ではなく 落ちこぼれ 華々しい意志であれ」
    はたこうしろうさんの挿絵と、茨木のり子のしたたかな筆致がなんとも言えずいい。
    一生手元に置いていたい。

  • 元気をくれる わかりやすく心に響く 大好きな一冊

  • 何度読んだかわからない。
    最近は赴任する学校の本棚に入れたり。

  • この詩集を手に取ったわけではないのだが、「はじめての町」という詩をあるムック本でたまたま目にし、なぜだか、思わず声に出して読んでしまった。
    私はこの詩を読み、東北地方の「ささやかな町たち」のことを瞬時に思った。行ったことのない町ではあるけれど、というか、連日テレビを通して目にする瓦礫となってしまった町が初動体験であるのだけれど、あの地震以前に、その町々に広がっていた(だろう)風景はきっと、この詩に織り込まれているような「ささやかな町たち」の姿をしていたのだと思うと、自分の「肉体」を通した「声」でそれを感じ取ってみたくなったのだ、と思う。
    日本のささやかな町たち、その一部を襲っている困難に、私は少なからぬダメージを受けた。そして、ダメージを受けたからこそ、私の一部として、その町々のことを考えたいと思った。茨木さんのような、慈しみの目線で以て。

  • 選りすぐりの詩集。中身の濃い詩集。そして、なんとなく前向きにしてくれる。この選詩集を編んだ著者と茨木のり子さんの対話も載っていて、茨きのり子さんがどんな方なのか少し分かる所も良い。茨木のり子さんの詩集を読んでいると、言葉というのは思った以上に力があるのだなと。ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて で始まる「自分の感受性くらい」はこの冒頭で詩の世界に入る。これは私の事だと。最後まで読んで、しっかり叱られました。また、手元に残しておきたい本が出来たなぁ。

  • 読んだ。

全31件中 1 - 10件を表示

茨木のり子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヴィクトール・E...
村上 春樹
遠藤 周作
茨木 のり子
村上 春樹
桜庭 一樹
有効な右矢印 無効な右矢印

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)に関連する談話室の質問

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)はこんな本です

ツイートする