蟹塚縁起

  • 366人登録
  • 3.46評価
    • (25)
    • (33)
    • (89)
    • (5)
    • (3)
  • 51レビュー
著者 : 梨木香歩
制作 : 木内 達朗 
  • 理論社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652040232

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
梨木 香歩
荻原 規子
梨木 香歩
有川 浩
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

蟹塚縁起の感想・レビュー・書評

  • 梨木さんの作品を開くのは実に約4年ぶり。
    【ピスタチオ】の満足度が非常に高かったので、余韻に浸っていたというか、小さな旅に出ていたというか(笑)。
    しかしまぁ、これまたなんと深い読後感だろう。
    絵本仕立ててでありながら、ずーんと濃厚なロマネスクがここにある。

    輪廻転生がベースなので、下手するとこちらに戻って来れないかと思いきや、ちゃんと現世での生き方を考えさせる一冊になっている。
    大人向けの絵本ではあるが、中学生くらいからじゅうぶん読める。いや、むしろ読んでもらいたい。
    その年齢なりの「恨み・辛み・憎悪」などの念を抱えて苦しんでいる人には、なんらかの手立てを示すことになるだろう。
    『縁起』という仏教用語の解説は、ひとまず後回しにして。

    主人公の「とうきち」の前世は、無念のうちに非業の死を遂げた武士。
    蟹との出会いや、名主との出会いで、その因縁が明かされていく。
    前半、蟹の化身である美しい女が「押しかけ嫁でございます」と言ってやってくるあたりは、聞いたことのあるような昔話風。
    ほっこりした話かと思いそうだが、後半は大きく話が動き、蟹が前世の記憶の案内役をしていく。
    生きているということは、生かされているということ。
    切なく辛い因縁を断ち切らんとして、とうきちが最後に放つ言葉には、魂が浄化されていくような感動がある。
    ああ、この言葉を、せめて前世で亡くなる前に言っていたら・・・と思うが。
    誰しも、気がついたときは失ったときなのだ。
    木内達郎氏の重厚な油絵で、挿絵というジャンルを超えて一幅の芸術品のよう。
    闇に浮かび上がる人、月、牛、木々、蛍、戦の場面でさえもひたすら幻想的だ。

    心の中に降り積もる恨みや憎悪などと、どう向き合うのが良いのだろう?
    いくら否定してもふつふつと湧き上がる「悪意」を、人はどう処理して生きているのだろう?
    それに執着することそのものが、何より苦しいのに。

    『オマエガ ソノウラミヲ テバナサナイカギリ』

    答えを求める気持ちがもしあるなら、何かしら得られることだろう。
    読後、黄泉の国に置き去りにされないよう、お気をつけください。

  • 縁起とは、仏教の考え方で、すべてのものは他のものとの縁によって起こるということであるという。
    物語のあらすじも、この縁起で成り立っている。
    前世で武将であった百姓のとうきちが、名主の息子が沢蟹をいじめているのを見て、助けてやる。それがために名主に恨まれ、とうきちの唯一の財産である牛を獲られてしまう。助けられた沢蟹が牛を取り返しに行くが、沢蟹の微力では大きな牛を取り返すことは及ばない。沢蟹は力尽きて、どんどん死んでいってしまう。その姿を見て、とうきちは、沢蟹達が前世で自分の家来であったことに気づいていく…。
    前世の縁起により、沢蟹達は無常の死を遂げていく。無益な争いと死を止めさせるためには、とうきち自身が、前世で無念の死を遂げたその恨みを手離さなければならない。
    縁とはなにか、許しとはなにか。
    非常に奥深いテーマを持つ作品で、完成度が高く、木内達朗氏の絵も幻想的で美しい。
    ただ、ラストの、とうきちが恨みを手離したことによって沢蟹達が蛍に変わって成就していくシーン、とうきちと名主親子との和解のシーンなどは、まとまりを意識したような展開に思えた。
    あの梨木香歩さんが、このあたり本当に納得して書いたのかな?と疑問を持った。
    それにしても、理論社は本当にグレードの高い児童書を作っていたんだなあと、いまさらながら感心してしまう。
    こんな出版社がつぶれてしまう現実。くやしい。

  • これは私の好きな忠義の話。
    何度生まれ変わろうと貴方をお守りするという誓いを守り家臣たちは蟹に姿を変え、とうきちを守ろうとする。何匹倒れても、何匹死んでも戦うことをやめない蟹。
    蟹の健気さに涙。それを止められるのはとうきちが復讐心を捨て相手を許すことのみ。
    名主の息子が蟹をいじめていたことが前世の恨みがよみがえるきっかけとなったのであろうか。

  • あなたがその恨みを手放さぬ限り…蒼白い月の光は、時間を超えたいくつもの魂の旅路を優しく照らし出す。
    幻灯のように浮かび上がる、静かな一夜の物語。
    とうきち自身気づかずにいた前世の無念は、律儀な蟹の群れと共に月夜に昇華される。
    幻想的絵本。

  • 【読了メモ】 (150914) 梨木香歩の絵本3冊/w/出久根育 『ワニ ジャングルの憂鬱 草原の無関心』/w/木内達朗 『蟹塚縁起』/w/出久根育 『ペンキや』/ワニ→仲間と自分の境目って何だろう? 蟹塚→泣ける ペンキや→不世出のぺんきや

  • 思った以上に面白かった。切ないが暖かい。それがまたカニというのが妙でなお良い。

  • 昔はじめて読んだときは面白かったので、久々に再読したら、初めて読んだ時ほどの感動はなかった。
    ちょっと設定に無理も感じられた。

  • 蟹塚は実在して、それに着想を得て書かれた話なのだろうか。
    ある農夫の前世の因縁話で、憎しみや恨みを乗り越えなさいという、不思議で美しい仏教説話のようなお話だった。絵も雰囲気があって良かった。

  • 絵も良いし話も上っ面だけで無い重みと感動があるけど、名主親子との和解のシーンではそんなにうまくいくかなと思った。

  • 余韻のある話しであった。赦しにはどれほどの時間がかかるのか。しかし、赦しのあとには、全てが報われるといってよい始まりがあるのだ。「こんどはなにか楽しいことをやろうな」ーーまさに我が実感である。

  • 絵が物語によく合っている。
    縁起の名の通り,伝承のような物語。

  • 2012年11月24日

    <Kanizukaengi>

  • 時を超えて次がれた念、恨みだけでない、主君への部下の命を省みぬ、命以上の、魂をかけた想い、その土地に、刀を媒体に染み付いたその想い。
    「もういい、もういいのじゃ、終わったのじゃ、もう終わったのじゃ」
    のところで涙が。
    できるなら、他生の縁は、幸せに、笑顔に繋がるように。
    塚が恨みを鎮めるためではなく、そんな幸せを願うような鎮魂の場と変える梨木香歩の温かさに胸が満たされます。

  • 再読
    やっぱり梨木さんの絵本はちょっとおとな向きだなって思う
    じんわりやさしい想い出

  • 蟹の恩返し。前世からの因縁。すべてがここで終結する。

    【梗概】
    真夜中、百姓のとうきちが目を覚ますと、蟹が大勢で長い列を作って移動しているのを目撃する。驚き呆れて後をついて行くが、歩いているうち、とうきちは旅の六部から教えられた自分の前世のことを思い出す。とうきちは前世、何千もの兵を率いて戦っていた武将だったらしく、名を、藪内七右衛門といった。彼はここで無念の戦死を遂げ、地元の農民の子として生まれ変わったのだ。死ぬ間際に、ああこの土と、もっと親しんで生きたかった、という思いが今のとうきちになったのだそうだ。そして、六部は最後に気になることを言いかける。「……あなたがその恨みを手放さぬ限り……」。
    そうこうするうちに、とうきちは蟹たちが村の名主の家へ向かっているようだと気づく。
    とうきちは昨日、名主の息子が沢蟹を釣り上げては手足をむしり取り、遊んでいるところに出くわし、捕らえられている蟹を全部放してやった。そして、そんな無慈悲なことをしてはいけないと名主の息子を諭したのだが、息子は家に帰り、父親に、とうきちに蟹を横取りされたと泣いて訴えた。名主は腹を立て、息子の蟹を全部そろえて返せ、さもなくば牛を連れて行くと脅し、とうきちがそれを拒否すると、とうきちの家の唯一の財産である牛を連れて帰ってしまった。
    朝から牛なしで畑を耕し、疲れたとうきちが夕方囲炉裏端で横になっていると、押し掛け嫁がせっせと家事をこなしていた。よく見ると、彼女は不自然な横歩き。どうやら彼女はとうきちに恩返しをしようとやってきた蟹たちだったのだ。
    さらに、蟹なりに次の報恩を考えたらしく、名主の家に向かい、牛小屋につながれているとうきちの牛を逃がすため、鉄の輪を小さなハサミで断とうとしていた。何百という沢蟹がすでに命を落としていた。そして、井戸の横の敷石の下に埋まっていた七右衛門の愛刀(同田貫正国、九尺五寸)を掘り起こす。刀を見た瞬間、とうきちは七右衛門が合戦で敵の矢を受け、正国を握り締めたまま息絶えたときのことを思い出す。そして、あのときの敵の大将が名主であったのだと直感する。そこへ、牛泥棒と勘違いした名主が現れると、蟹たちは一斉に名主に向かっていった。名主の息子は自分が蟹に無惨を働いたことを認めるが、蟹たちは襲いかかる手を緩めない。蟹たちは皆、七右衛門の命令で命を落としていった家来たちだったのだ。「七回生まれ変わっても、わしらは殿のご恩は忘れませんぞ」。…オマエガソノウラミヲテバナサナイカギリ、という六部の言葉は、七右衛門の敵を心底憎む気持ちのことだったのだ。
    「もういい、もういいのじゃ、終わったのじゃ、もう終わったのじゃ」。とうきちが蟹に声をかけると蟹たちの動きが止まり、地面に転がって動かなくなった。名主も蟹ととうきちに許しを請い、とうきちも名主に許しを請うた。すると、死んだ沢蟹の山がほのかに光り出し、蛍に姿を変え、次々に飛び立っていった。「今度は何か、楽しいことをやろうなあ」と叫ぶと、蛍の群はあの押し掛け嫁の姿となり、深々とお辞儀をして月を指して飛んでいった。
    とうきちと名主の息子はそれからそこに大きな塚をつくり、刀を納めた。これが蟹塚の由来だ。

  • 近いほうの図書館。

    いい意味で「まんが日本昔話」みたいな感じ。
    横歩きの嫁には吹いた。

    (11.09.17)

  • 声に出して読んだら、とても気持ちがよく、情景もありありと浮かんだ。
    何百年も語り継がれた民話のよう。
    さらりと読みやすく、とても懐が深い。

  • 重厚な油絵とお話の昏さが相まって、すごく雰囲気のある物語に。
    絵本、児童文学にカテゴライズするには、なんだかもったいない。

  • 泣けた。
    輪廻転生ベースのお話。
    情愛が強ければ、
    怒り憎しみもまた強い。
    耳の痛い話。

  • 怖いところもあるが、メッセージが心に響く

  • この話はこの絵があってこそ活きるなと思った。とにかく重厚で、どこか土臭い陰りのある絵が味わい深くて魅力的。蛍の飛ぶシーンがまたとても美しい。

  • 全体に暗いトーンの絵でかわいらしいものではないし、子供が喜ぶような作品ではないですが、、すばらしいです。

  • 強く柔らかい手触りの物語。

  • 厚みのある深い色彩の絵に魅かれる。
    蟹の恩返し物語だが、なんだか類型的にも思えた。

全51件中 1 - 25件を表示

蟹塚縁起を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする