ホームランを打ったことのない君に

  • 129人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (11)
    • (27)
    • (2)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 長谷川集平
  • 理論社 (2006年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652040485

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エドワード アー...
マージェリー カ...
ユリー・シュルヴ...
ユージーン トリ...
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ホームランを打ったことのない君にの感想・レビュー・書評

  • 「神に選ばれていない」。痛切なセリフからの再起。再起ということを思い知らせる。

    野球の技術的な記述、揺らめくようなバットの表現もステキです。

  • 身につまされる内容だけど、読み終わったあと、暖かくて、込み上げてくるものがありました。

    野球をしていても、していなくても、これから新しい場所へ飛び立つひとたちに贈りたい絵本です。

  • なんといっても
    まずタイトルが秀逸!

    スポーツを題材にした絵本って
    そう言えばあまりないですよね。

    自分自身野球が大好きだし
    草野球チームの監督をしている立場からも
    興味深く読むことができました。


    野球に携わる者たちの永遠の夢、
    それがホームランです。

    相手ピッチャーが投げた渾身のボールを
    ドンピシャのタイミングで
    バットの芯で捉えた時の
    あの手に残る感触。


    ボールが綺麗な放物線を描いてスタンドインし、
    ベースを一周する時の震えと、
    すべての時間が止まってしまったかのような不思議な感覚。


    沸き上がる喜びと達成感。

    鳴り止まぬ観客からの賞賛の声。



    どんなに練習を積んでも
    すべての選手が打てるわけではないホームラン。


    たとえピッチャーであっても
    野球人なら
    ホームランへの憧れは必ず持っていると思います。




    長谷川さんが描く
    試合の緊張感を見事に伝える
    ダイナミックで力強い絵。


    ホームランを打ったことのない者同士の会話。


    一人は、
    「ぼくは神に選ばれてない気がする」と
    諦めモードの野球少年
    出口塁(ルイ)。


    もう一人は
    ホームランを打つことを決して諦めない
    野球青年の仙ちゃん。

    この仙ちゃんが
    同じ野球を愛する少年にかける言葉が
    本当にいいんです(>_<)



    始める前から
    あきらめるのかい?


    夢見るだけにしとくのかい?

    何事もやってみないと分からないじゃないかという
    作品に込められた
    長谷川さんのメッセージに
    胸が熱くなります。



    家に帰ったルイは
    お母さんから、
    実は仙ちゃんは
    交通事故で歩けるようになるか分からない
    大ケガをして
    リハビリをしなければならない身であることを
    思いがけず聞かされます。



    本当は仙ちゃんが一番怖いし
    不安だったんだ…


    仙ちゃんの強い精神力と
    野球に対する情熱に驚くルイ。



    どんな人でも
    ホームランを打つには
    たゆまぬ努力が必要なこと。


    そして
    一つ一つの積み重ねが
    やがて大きな
    ホームランというものに
    繋がっていくということ。


    ルイは仙ちゃんが言った言葉の意味と重みを胸に、
    もう一度夢を掴むために
    走り出すことを決意します。

    野球少年は勿論
    夢を追いかけるすべての人に
    勇気を与えてくれる絵本です(^_^)


    できればお父さんから息子へ
    読んであげてほしいな☆

  • ホームランって スカッとして カッコいいよね!!…でも、中学野球部長男、試合では まだ 打ててない(^o^;)

  • 読書感想文を書く。
    これは夏休みの一大事のひとつ。
    興味がある本であることが大切なので、野球関係の本を
    選びました。

    主人公に感情移入できる内容でとても良かったと思います。
    読書感想文もすんなり書けて、
    王貞治氏についての興味もでて、
    良いとこずくめの絵本でした。
    小学校低学年向けの絵本です。

  • 野球を始めた小学校4年生の甥っ子のために買いました。
    多趣味(またを飽きやすいw)な甥っ子くん。
    どうせ…と言って諦めないように。地道にコツコツやることを義務だと思わないように、夢を持ってほしい。長い文章は読めない甥っ子にはちょうど良い薄さです(笑)

    スポーツからたくさんのことを吸収してくれますように。

  • すべての野球少年に。

  • 誰もが簡単にホームランを打てるものじゃないと思った。
    この本はいい本だと思った。
    いつか、僕もホームランを打ってみたい

  •  1アウト、ランナー1・3塁。監督からは「打て」のサイン。ルイは、ホームランを打てば逆転できると力んでしまい、セカンドゴロ。試合は、ルイたちのチームの負け。もっとバッティングがうまくなりたいと思うルイ。コンビニで試合を見ていたという仙ちゃんに会い…。

  • 高学年向き、野球好きな子に

  • 野球を始めた息子が「早く試合に出たい」「ホームランを打ってみたい」と言っているのを聞き、この絵本を紹介したくなりました。

  • 試合で打てない僕と、大けがを乗り越え夢を追う仙吉兄ちゃんの交流を描いた青春野球絵本。

    自信をなくしたぼくに、ストレートに意見をぶつける仙吉兄ちゃん。
    それを素直に受け取り、前を向くぼく。
    2人の純粋なやり取りがまぶしくうつります。

  • 第二回 ブックバイキング

    8分
    先生が読んでくださいました。
    選書したのは全員男子でした。

  • 物語がわかりやすく、グッときます!
    少年の気持ちと先輩の気持ちに気づいた時、どう感受性が働くのでしょう。きっと、読む時期によっていろいろな気持ちが働くのかなぁと思います。

  • 王 貞治が、7mm下で、れんしゅうしてたなんてしんじられなくてすごい。

  • 中学生に読んであげました。
    心にグッとくるものがあります。

    その後にみんなからもらった感想文も心にグッとくるものがありました。
    好きな絵本です。

  • 息子には少し難しかったが、もう少し大きくなってから読んで欲しい本。

  • 3年3組 2011/11/22

  • @yonda4

    タイトルを見た瞬間、

    「これ自分のこと言ってるな…」

    小学校、中学校と野球を続けていたけど、ホームランは打ったことがなかった。
    高校では練習がきつくて、逃げ出してしまった。

    その負い目からと、まだホームラン打ったことないじゃん!って大学で野球を再開。

    でも、ホームランって試合で簡単に打てるもんじゃないんだ。

    練習して、練習して。


    大学四年でようやく打てたよ。
    まさか入るとは思っていなかったから、スタンドインの瞬間は見ていないけどね。

  • ホームランをうちそこねた少年に
    近所のお兄さんがいろいろレクチャー

    そのお兄さんは1年前事故で・・

    字が多いので
    ちびっこには無理かなー

  • いきなり大きいことをしようと思ってもできないよ。すこしずつ頑張ってはじめてできるよ。ホームランを例にとても優しく語りかけてくる絵本です

  • 夏にバイト先でえんえんこの絵本のペインターのデータを見ていた事があるんですが、その中の一枚、
    主人公が公園に居る知り合いのお兄さんを坂の上から見下ろすシーンの夕焼けが綺麗で
    どうしようもなく欲しくなって購入しました。
    最後が好きです。

  • 息子の学校の読み聞かせ用。

  • タイトルがなんかいい感じ♪

    でも、ホームランって、いいよな・・・
    他のスポーツにはない、なんか特別なもの♪

    今の私の人生において、
    「ホームランってなんなんだろう?」って考えてみたりした。。。

全27件中 1 - 25件を表示

ホームランを打ったことのない君にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホームランを打ったことのない君にを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホームランを打ったことのない君にを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする