ルリユールおじさん

  • 906人登録
  • 4.33評価
    • (253)
    • (104)
    • (92)
    • (4)
    • (1)
  • 198レビュー
著者 : いせひでこ
  • 理論社 (2006年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652040508

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
ユリー・シュルヴ...
荒井 良二
酒井 駒子
梨木 香歩
シェル・シルヴァ...
A.トルストイ
ばーじにあ・りー...
いせ ひでこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ルリユールおじさんの感想・レビュー・書評

  • 心をまさに洗われた気持ち。
    すっきりとして。あたたかくなって。何度も読み返したくなって。
    そして、なにより本を大切にしたくなる。

  • 母への本を探していて、ヒットしたので読んでみる。

    大好きだった木の本が壊れてしまい、ルリユールおじさんになおしてもらう話。
    パリの色合いか、絵も綺麗で、本と木が好きな私にはじんわりいいなと思う。母より父へのプレゼント向けだなぁ。

  • ルリユールとは、フランスで製本を専門におこなう職業のことです。いかなる時代がおとずれようとも本のなくなることはないと願いをこめて、しっとり読んでいただきたい本です。読み聞かせになれている方は、ぜひチャレンジしてみてください。

  • ルリユールという仕事を通じて、時の流れや受け継がれるものに想いが巡る。
    絵もすてき。

  • パリには、こんな職人さん達が、今でもいるの…

  • ある一つの出会いが人生を変えること。それは本であり、人であり、旅先で見た風景であったりする。
    〈ルリユール―もう一度つなげる―〉
    本にいのちが吹き込まれ、もう一度生まれる過程を最初から最後まで見届けた。少女にずっとずっと寄り添う世界に一冊だけの本。ルリユールおじさんの仕事への矜持や情熱に加え、彼の仕事場、彼の住むパリの空気を余すところなく伝えるいせさんの絵に胸がいっぱいになった。路地裏の工房でスケッチをするいせさんを思い浮かべると自然と背筋が伸びていた。彼女も『魔法の手』を持つ人だと私は思うのです。
    《2014.10.08》

  • 本が好きな子に読んでほしい。
    本が好きな大人にも読んでほしい。

  • 『最初の質問』が良かったので、なんとなくいせさんの本が気になっている。
    図書館に複本があったので、借りた。

    ソフィーの大切な植物図鑑が、ばらばらになってしまった。
    ソフィーは、「ルリユールおじさん」にその図鑑を製本し直してもらう。

    YA以上向けの絵本である気がする。
    ルリユールという産業があるんだ……自分の修理が雑なことを実感……。
    代金はどうするの?なんて野暮な疑問がわいてしまった。
    おはなし自体は、大人の琴線に触れるよう。
    ソフィーとルリユールおじさんの会話がかみあっていないのも、おじさんの無骨さの表現なのかな。
    ほんとうに自分だけの一冊を手に入れること、なんて幸せなんだろう。
    最期、泣きそうになってしまった。

  • まず、絵が素晴らしい。動きや温度を感じる。冷たい北風が吹く街並み。左ページから歩いてくるルリユールおじさんと右のページから走ってくる女の子。絵本の良さを最大限に引き出している作品。言葉は少なく、透明感のある色彩が読み手の気持ちもピュアにしていく。おじさんの話をきいているのかいないのか分からないような女の子との会話がとてもいい。手の描写にも魅せられます。「手」はこんなに語るものなのか。本を受け取った後の女の子の絵も好き。めっくって覗き込んで抱きしめて・・・。ラストも感動。

  • 本の装丁には60もの工程があり、フランスには、本作り職人=ルリエールという職業があるそうです。出版業と製本業の兼業がフランスでは長い間禁止されていたそうで、それで発達した職業なんですって。
    これはまさにそんな「ルリエール」を生業とするおじいさんと大切な植物図鑑がボロボロになってしまった女の子の
    邂逅を描いたお話です。

  • こわれた図鑑を直してもらいに、ルリユールのところに行く少女と、本を直す仕事をしているルリユールおじさんの話。絵本で、しかも課題図書だから読んだんだけど、物語の終わり方が良くて、本を閉じたあと、安心感や満足感に包まれて穏やかな気持ちになれた。

  • 大好きな絵本。
    素晴らしい絵と素敵なおはなしです。
    本だけに限らず、「もの」って本来
    こんなふうに大切にすべきものだって改めて思いました。

  • ルリユールって職業名なんですね。絵が好きです。

  • パリの街中にある本の修理屋さん。この設定が最高。憧れる♪そして心温まるお話。素敵!

  • 気に入った一冊の本をとても大事にする少女と、真摯に誇り高く親から受け継ぐ業を成していくおじさん。この2人の噛み合わない会話が流れる工房の空気感がたまらなく愛しく感じられます。相手の話を聞いていないようで、実はしっかり心に染み込んでいるんだろうな。コピーのように全く元通りの形にせず、依頼者を理解した、たった一冊の本が出来上がった時は震えました。

  • 先に読んだ「サエズリ図書館のワルツさん2」で主軸だった、図書修復家の(おじいさんの)お話だったので、このタイミングで読めたことに運命を感じる。
    透明水彩で描かれるいせひでこさんの絵は、ラフでありながら緻密だから、物語そっちのけで、この絵の"なにが"そうなのだろうか、とつい見入ってしまった。(ので、初見の今は、物語の詳細を覚えていなくてすみません・・・。近々もう一度読もうと思っています)

    好きな色や質感の表紙を選び、本を綴りなおす。
    「本はそうやって新しいいのちを生きる」
    なんて素敵なことばだろうか。

    ソフィーの大好きなアカシアのページをルリユールおじさんは綴じなおさなかった。その段階でわたしには先は読めたけれど、それでも。
    金箔で名を型押ししてもらい「わたしだけの本!」と抱きしめるソフィー。あぁ、その気持ち、すごくよく解るよ!嬉しいよね!って、わたしもとても嬉しくなった。

    そして、その本をたからものに彼女が進んだ先に、
    あの大きなアカシアの枝が揺れているんだね。

  • 「職人」の仕事の尊さ

    「本」の価値

    現代の人が忘れがちな「引き継ぐべき大切な何か」を思わされる

    大人のための絵本

  • 大人の絵本。
    かわいらしい少女と書籍を直すルリユールおじさんとの交流が淡々と、しかしほっこりと、美しい絵で描かれています。

  • 本を修理する“ルリュール”という職業のおじさんと少女ソフィーの交流を描いた物語。本を大切にしようと思わせてくれる涙こぼれるお話です。

  • ルリユールとは本の修理屋さん。
    話の中で、本を直していく過程が描かれているので、これを読むと本が出来るまでが良く分かる。優しい雰囲気の絵にも文にも引き込まれる。
    自分の思い出の1冊を大切にしたくなった。

  • 本が好き。植物(特に樹木)が好き。
    そんな私がこれを好きにならないわけがない!!

    植物が大好きな女の子の大切な図鑑が、バラバラに。
    新しい図鑑じゃなくて、この本を治して欲しいの!
    本のお医者さんっていないのかしら・・・?

    美しい絵でルリユールのおじいさんと小さな女の子の素敵な出会いです。

  • どうしてもっと早く読まなかったのか。とてもよかった。

  • 大好きな図鑑のページが外れてしまった!

    本を大事にする習慣。大事な本を修理して、新しく生まれ変わらせる「ルリユール」の仕事。

    大人にもお勧めの1冊。

  • 『ルリユールおじさん』
    絵本ながら、そのクオリティに感激です。
    ストーリーも良し。
    イラストも良し。
    製本のハウツーまで学べる優れ本。

    舞台がパリというのも、オシャレです。
    必見です。

    (かくもパリの色彩は澄んでいるのか END)

全198件中 1 - 25件を表示

ルリユールおじさんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルリユールおじさんを本棚に「積読」で登録しているひと

ルリユールおじさんの作品紹介

パリの路地裏に、ひっそりと息づいていた手の記憶。本造りの職人から少女へ、かけがえのないおくりもの。

ツイートする