せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)

  • 81人登録
  • 4.00評価
    • (9)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : まどみちお
制作 : 柚木 沙弥郎 
  • 理論社 (2008年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652040669

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリー カ...
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
マイケル・グレイ...
ユリー・シュルヴ...
中村 牧江
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
ユージーン トリ...
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)の感想・レビュー・書評

  • まど・みちおさんの「せんねんまんねん」という詩を絵本に仕立てたもの。

    それにしても、素晴らしい絵本の完成度の高さ。

    絵と詩がぴったりとあっている。

    さいごのページではいきなり永劫の時の中に放り出されて、鳥肌がたつほど。

    もしこの詩を朗読するなら、
    改ページの場所も考え尽くされたこの絵本の
    詩の割り付けを参考にするとよいと思う。

  • きれいだけど、こどもにはわかんないでしょ、…と端においていたのですが。現在、娘(1歳0ヶ月)の一番のお気に入りです。渋茶色と緑青色のワニも好きですが、なんといっても、太古から続く生命の繰り返しを大胆な絵で表現した、“はるなつあきふゆ はるなつあきふゆ」の見開き。これは、何というか…すごいです。細胞?たましい?そういうものがたくさんたくさん、カラフルに、きらきらと、輝いているよう。娘はこのページになる度に「うわーぁっ…(ため息)!」と、魅せられています。何度も何度も読んでいるこちらも、ついじっくり眺め、千年万年に思いをとばしてしまう昼下がりです。

  • タイトルから思い浮かべたのは、長寿だった。

    鶴は千年、亀は万年。

    そして、著者のまど・みちお氏自身も100歳を迎えている。

    実際は、ひとつのものが長く生きる物語、とはちがう。

    帯にあるように、

      <いま>は、<永遠>へとつづいている……

    見返しにあるように

      あらゆる いのちと

      あらゆる ことは

      めぐり めぐり

      からまりあい

      ささえあい

      つながりながら

      つづいている……

    といったことを象徴する世界が展開されている。

    本書は、まど・みちお氏の詩「せんねん まんねん」
    (初出:1972年 雑誌『びわの実学校』
     1973年『まど・みちお少年詩集 まめつぶのうた』(理論社)収録)
    に、柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)氏が絵をつけたものである。

    詩も絵も存在感があり、
    それぞれの強烈な個性が沸々と沸き立っている。

    詩自体がダイナミックな生命の営みを描いており、
    絵もそれに負けない世界観を表現している。

    原色ではないのに、
    淡い水彩の世界が、濃いものに感じられるのだ。

    このつながりは、単純な食物連鎖だけを描いているのではない。

    捕食関係も描いているが、そういった外側だけの関係ではなく、
    視点が途中で内側で何が起こっているのかに移っていく。

    自分の体の中に流れているものの意味を考える。

    途中までは、ゆっくりゆっくり
    ひとつのフレーズにひとつの見開きだったのが、
    連鎖がひとつの見開きに収まるシーンが出てくる。

    ここで急激にリズムが変わり、はっとさせられる。

    その次に一息ついて、
    「まだ 人が やってこなかったころの」というフレーズ。

    それが、人がこの連鎖に及ぼした影響の大きさを物語る。

    私たちは、この大きな流れの中のわずかひとしずくで、
    それでもこの流れの中につながって確かに生きてきたのだ。

    そして、これからも生きていくんだ。

  • 2016/1/3 日本経済新聞 リーダーの本棚 毛利 衛

  • 人間が生まれる前、という記述が哲学的で好き。

  • 資料番号:020184396
    請求記号:Eユノキ

  • 時代も環境もめぐり、めぐるんだね~。作者が童謡「ぞうさん」の作者で、日本人初の国際アンデルセン賞作家だとは・・・

  • 6年2組 2011/5/24
    6年4組 2011/7/5

全9件中 1 - 9件を表示

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)の作品紹介

あらゆる生命は、つながっている。あらゆるできごとは、つながっている。これまでも、そして、これからも…。童謡「ぞうさん」で知られる詩人は、いつも、宇宙のなかでうたってきた。ちいさなもの、ものいわぬもの、目に見えないものも、見のがさずに。まど・みちおの言葉が、柚木沙弥郎の絵によって、雫のように深く胸におちてくる。

ツイートする