カラフル

  • 5840人登録
  • 3.87評価
    • (1118)
    • (883)
    • (1427)
    • (58)
    • (8)
  • 1076レビュー
著者 : 森絵都
  • 理論社 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652071632

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
綿矢 りさ
ZOO
乙一
森 絵都
森 絵都
伊坂 幸太郎
金原 ひとみ
綿矢 りさ
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

カラフルの感想・レビュー・書評

  • 「カラフル」というこの本のタイトルだけを見て、
    「カラフル=前向きな意味」だと勝手に思っていました。
    モノクロよりたくさん色があった方が良いじゃん、みたいな感じで。
    でもこの本が言いたいことは真逆でしたね。

    p207
    「この世があまりにもカラフルだから、ぼくらはみんないつも迷ってる。
    どれがほんとの色だかわからなくて。
    どれが自分の色だかわからなくて。」

    皆いろんな絵の具を持っているからこそ、迷ったり悩んだりするんだという文にハッとしました。
    私が高校生の時、通っていた高校に制服が存在せず、毎日毎日、何を着て行くか悩んでいました。いっそのこと、制服があったらいいのに、と、色とりどりの服を前に首を傾げながら、真っ黒な制服の方が楽だと思ってたんです。
    それと同じかもしれない。

    でも、いろんな色を持っていると悩むけど、それが誰かの助けになるからいいとも書いてありました。

    p207
    「ひろかのもってる明るい色が、真の暗い日々をいつも照らしていたんだぞ」

    自分で自分を殺す前の真は、多分暗い色しか持ってないと思ってたのかもしれません。
    でも「抽選に当たって」4カ月過ごし、自分の持っている色のバリエーションの多さに気付けたのではないでしょうか。
    本の中で真が気づいたように、私もあと2種類くらいは自分の色に気付けたらいいなと思います。そしていろんな人の色に助けられて、いろんな人の色を照らせたらいいな。

    ※追記
    p205
    「この世でもあの世でも、人間も天使もみんなへんで、ふつうなんだ。頭おかしくて、くるってて、それがふつうなんだよ」
    ちょうど前日に、新海誠の「言の葉の庭/小説版」を読んでいたので、その中にあった
    『どうせ人間なんて、みんなどっかちょっとずつおかしいのよ』
    という言葉を思い出しました。
    多分多くの人と同じように、私も、普通じゃないものに憧れつつ、レールを踏み外す怖さも同時に持っています。

  • 森絵都さんは二冊目ですが、同じ作者とは思えず不思議な気持ちでした。

    大きな過ちを犯して死んだ魂が、抽選に当たって輪廻のサイクルに戻る再挑戦のチャンスを掴んだという、漫画みたいなお話。本当に漫画を読んでいる様な感覚でサクサク読めました。

    自殺を図った中学生の小林真の身体を借りて再挑戦に挑むわけですが、この真くんがまた勉強も出来ない、クラスメイトにも馴染めていない、暗くて地味で変わり者という人物。
    魂にしてみれば本当の自分ではなくただの借り物なので、他人事の様にマイペースで過ごしていきます。そんな力の抜けた生活をしていくうちに、小林真の周りの状況が少しずつ変化していきます。

    この“偽小林真”がとてもいい味出していて、話に引き込まれてました。
    一見軽い感じの物語ですが、家族や友達との本音のやりとりなんかはジーンとくるものがありました。

    話の展開は予想できるものでしたが、読後感はすごく良かったです。読書が苦手な人にもお勧めできる一冊です。

    調べてみるとアニメ映画にもなっているようですね。こちらも是非観てみたいです。

  • 「おめでとうございます、抽選にあたりました!」と、甦りのチャンスをくれようとしてる天使に、主人公がにべもなく「せっかくだけど、辞退します」と即答する冒頭に、爆笑しながらもひき込まれます。

    母親の不倫、転がり込んだ出世に有頂天の父親、援助交際している初恋の少女、背の低い自分、と、目に見える事実だけにこだわって自殺した真が、ひとりひとりときちんと向き合って、目に見えない真実に気づき、受け入れていく過程に感動!

    そして、なんといっても、天上界と下界で、別人?と思うほど態度の違う、天使プラプラが好き。

  • 森 絵都さん、はじめて読みました。
    娘の夏休みの読書感想文用にと思っていましたが、
    読んでみたら、私にしっくりくるストーリーと語り口。
    文章が私にはとても読みやすく(児童文学ですから当然ですが)、あまりにもすんなり物語に入って行けて驚きました。
    天使が男性。主人公も男の子。甘すぎず、リアリティーのあるファンタジーという感じが、どこか村上春樹作品に似ています。
    ただ、性について触れているので、小学生にはまだ早いかなと
    個人的には思いました。
    悩める思春期の自分を思い出し、単純に楽しめます!

  • 初めて読んだのは、小学生のときで司書の先生にすすめられたのがキッカケでした。
    青い海のいろも、プラプラの眼の色も、当時はドキドキしながら読んだなー。

  • 学校の図書館に必ずあったこの本
    たぶん小学校の時もあった気がする

    社会人になって初めて
    この本を手にとって読んでみた
    学生の時に読んでたらもっと
    感じ方が違ったのだと思うけど
    今出会えて良かったな。て本でした
    とても読みやすく、引き込まれて
    数時間で一気に読んでしまいました

  • 中学生の時この本を読んだら
    どう思ったのだろう。

    嫌なことがあっても
    前を向いてればいいことがあるよ。
    ってそういうことなんだろうけども…
    でもそう単純なことでもないよって
    大人になればなんとなく思って
    しまってちょっと寂しくなりました。

    だけどきっと真はこれから素敵な
    人生を歩めるんだろうな。
    信じるって大切。

    しぶとく生きろよ。
    はい、そうします。

  • 読んでて話の流れの予想はついたが、最後の最後で価値観ひっくり返された。
    生きることについて、慎重になりすぎてしまっていたなぁと思った。
    久々にいい読書したなと思えた。

  • ストーリーはシンプルですが、生きることが嫌になった人に寄り添うお話。どうやったら気楽に生きられるか、答えを一つは用意したところが良心的。世の中はカラフルだったんですねぇ。

  • 同著『つきのふね』から立て続けに読んだので、『つきのふね』に関しても触れます。

    物語のテーマは二作とも共通しているように思いました。

    女子視点(つきのふね)と男子視点(カラフル)。
    主人公はどちらも世間一般でいうところの普通からはみ出た中学生です。そして、彼らを取り囲む登場人物もやはり変わっている。

    普通であることが正しいことではないし、正しいことが普通ではない。

    異端を怖がることはないのだと、そして誰にも等しく“生きて”欲しいのだという作者からのメッセージを感じました。

    テーマの共通性を見出しつつも、やはり違う作品なわけで、私は『カラフル』の方が面白かったです。
    タイトルの通り情景描写に色が多く使われていて綺麗ですし、ファンタジーならではの突飛な展開も楽しいです。もう一度読みたいと思えます。

    読んだら気分が晴れる物語です。

  • 人に贈られたからという理由で読んだのだけれど、すごく良かった。

    私がひねくれ過ぎていたからだろうか、最後の最後に種明かしがあるまで簡単な、あまりに簡単なオチに全く気がつかなかった。

    綺麗だけれど、偽善的な人工美ともまた違う感じ。
    前向きな考えを強いるような、厚かましい押し付けも無い。

    文学部に入って人間の欠けた場所を掘り進むのに夢中になってばかりいたけれど
    この本を読んで、真っ直ぐすぎる綺麗な大衆小説を何となく敬遠していた自分を少し恥じた。

  • 最初から引き込まれ、一晩で一気に読み終わった。

  • 児童書だったんですね、どおりでスラスラ読めるはず。
    展開が早くて読みやすく、ちょっぴりじ~んと来ました。
    「明日は今日の続きじゃない」 確かに。私も感じたことあるな。
    一生懸命生きようと思いました。

  • 早乙女君が好き。

    早乙女君みたいな友達と出会いたかったなぁ。

    誰が読んでも心に何かあたたかいものが残る小説だと思いました。

  • 中学生のころに読んで、一気に視野が広がった小説。
    人生を変えてくれた一冊ともいえる。
    大人には経験が多い分、少し退屈かも。でも、中学生なら絶対読むべき。おすすめ。

  • 本屋で目に付いたので購入。

    題名の「カラフル」の意味がなかなかわからなかったけど最後で納得。目にみえる色、人それぞれの個性の色とか色んな意味での色が世の中にはがあるのかなって思いました。
    けど、途中で落ちが読めてしまったのが少し残念やったなぁ。
    少年・真の体にホームステイするっていう設定が突拍子ないけど、違和感なく読める本でした。

  • 家族がぬか喜びにならずに良かった

  • 心が暖かくなる、優しい本です。
    世の中の黒く、悲しい部分も違う視点で見てみよう、と思いました。
    ユーモアも含まれていて、読み出したら止まらなくもありました(^^)

    ただ、期待してたほどでは…(>_<)

  • 話のオチは予想がつくものの、とてもよい話でした。

  • 小学生の頃、本屋でこの真っ黄色な
    表紙の本が高々と積み上げられていて、
    目をひいたのを今でもよく覚えている。

    ……………………………………

    中年親父と愛人契約する初恋の女の子、
    不倫する母親に、利己的な父親。
    そして無神経ないじわる男、満。

    明るい表紙とは裏腹に 繰り広げられる
    憂鬱な暗いストーリー。

    それとは対照的に、いつも適当で少し口の悪いガイド役天使 プラプラの存在が相俟って、不思議と淡々とした心情で読み進めることができる。

    言葉にしないと 思っていることは
    いつまでたっても伝わらない。
    少しだけ、いつもよりほんの少しだけ
    相手に歩み寄るたけで、
    見えなかった真実が見えてくる。

    家族や友人、様々な人間関係から生まれ 見えてくる、自分自身が存在する意味や、重要さを
    小林 真のホームステイが教えてくれる。

  • 死んだ魂が一定期間だけ、人の身体に戻って再生できるというお話。
    魂が一時的に宿ったのは、自殺をした男子中学生の身体で、魂の目線からその子の生活が語られていきます。
    一見幸せそうな家庭ながら、実はみんなバラバラで破綻していたという事実。
    でも、文調はまったく悲惨ではありません。

    世の不幸な局面ばかりを見て、現実に嫌気がさして死んでしまった中学生ですが、見方を変えれば、それぞれの事情や思いもあることに気付きます。
    人生いろいろあるけれど、そうひどいものでもない、と、魂は気づいて、中学生として少しずつ周りになじみ始めます。

    あくまで魂の意識がそのままあるというのがおもしろいところ。
    ガイド役の天使のプラプラとの掛け合いに、くすりとします。
    プラプラは瑠璃色の瞳をした美しい天使なのに、場面によって性格がくるくる変わるキャラクターで、魅力的でした。

    文字も行間も大きめなので、すらすらと読めます。
    映画化されるほどムーブメントを起こしそうな作品とは特に思いませんでしたが、読んだ後に自分の家族についてほっこり思いを巡らせることができる、心温まる物語でした。

  • 児童文庫用に購入。
    一度死んだはずの‘僕’が他人の体と入れ替わるという設定は
    ありがちだが、大人でも面白く読める。
    世界も人も心もはカラフルな色に満ちているよね♪
    読んだ小学生達から「読書感想文、書きやすいかも」ですって。
    感想を書きたいってことは、心を動かされたってことだね。

  • 私が活字好きとなるきっかけの作品♪
    この本に出会えていなかったら、図書館司書を目指すことは無かったでしょう…。
    今でも森絵都さんには感謝しています!

  • 「人の体は、神からの借り物。」という言葉があるが、
    時には、そんな開き直りが必要。人は単色ではなく、カラフルな多色をもち、自分も他人も変われるし、変えられる。
    アニメ「キルラキル」のセリフで、「世の中は訳わかんない奴らかいるから、おもしろい」。その通り!
    多様性を楽しもう!世の中はカラフルだから

  • 中1男子の読書感想文用に。読書が苦手な子も突飛な物語にぐいぐい引き込まれる。主人公が自分に近い、年とか地味なところ?が更に入り込みやすいポイントかな。自分のことが好きになれる作品。

全1076件中 1 - 25件を表示

カラフルに関連する談話室の質問

カラフルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラフルを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする