メメント・モーリ

  • 137人登録
  • 3.96評価
    • (24)
    • (24)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : おのりえん
制作 : 平出 衛 
  • 理論社 (2001年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652071960

メメント・モーリの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドキドキしながら読み進めた。登場人物の気持ちがそれぞれいちいち心に染みて、誰もが幸せを感じられるように、と祈りながら読んだ。
    細かい描写がとても想像させやすく、心が豊かになるのを感じた。
    とても好きな本になった。

  • 自分に自信がもてないときに前向きな気持ちになれる物語。

  • 中学の頃に読んで、それからなんとなく心に残り、同じ今日を繰り返す世界のこと、毎日死ぬことになっている友だちのことをふとした時に思い出していた。先日図書館で見つけ、2回目の再読。まずは作者がおのりえんさんということに驚いた。しかし覚えていたストーリーに違いはなく、読んでいてとてもすっきりした。「月光時計を失って、日時計だけに頼り、夜を眠りに明け渡して、昼の明るさの中でだけ生きようとしてる。手触りや、匂いを失って、見える形にこだわっている」なぜかこのセリフを昨日読んだ本のように覚えていた。

  • どんくさくて目立たない子だったほほ、猫の代わりに自分が鬼の国へ行ってしまう。ピーターパン的な要素もあり成長の持つ意味、本当の優しさ、勇気とは何かを教えてくれる。

  • 中学生のときに読んだ。
    母親の庭のシーンが好きだった。葉の一枚一枚を慈しむ愛情が老婆のよう。

  • 中学生だった10年前読んだ本。タイトルと表紙、「死を想え」という言葉だけ強く印象に残っていたが、こんな話だったのか~と。時が流れるのは早く、毎日確実に死に向かっているんだと頭ではわかっていても、時間を無駄にしてしまうこともよくある今日この頃。

  • 私が大好きな本です。

  • 小学生の頃の読んだ本の中で不思議と一番記憶に引っかかっていた本。
    ただの異世界紀行でなくゆっくりじわじわとしたほほの成長記。
    異世界の中では独特の曖昧さが感じられるけれどもどこか透明感のある雰囲気も味わえるそんな本。

  • 表紙で分かるように空飛ぶ系です!!
    ほんま飛べる気がしちゃう(^'^)

    一瞬で読めた!魔法でてきて、絵も付いてて 
    魔法の話 大好きやぁ(^^♪

    悪者含め、みんなやさしい

  • 子供向けの本だが、なかなか味わい深い。今の自分が不満足な存在でも同じところにはとどまってはいない、人は変わるもの。今幸せだからといって変わらないことを望むのは誤り。死や破滅と隣り合わせだからといって変わることを恐れてはならないというようなメッセージ。

全26件中 1 - 10件を表示

おのりえんの作品

メメント・モーリを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メメント・モーリを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メメント・モーリを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする