11の声

  • 27人登録
  • 3.91評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Karen Hesse  伊藤 比呂美 
  • 理論社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652077313

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス シア...
アレックス シア...
エドワード ゴー...
有川 浩
ヴィクトール・E...
今村 夏子
エレナ エスティ...
エドワード ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

11の声の感想・レビュー・書評

  • 1920年代アメリカ、黄金の20年代。
    11人の老若男女が人種差別加害者・被害者・傍観者として、それぞれ語り進むのだけど、帯にあるように「失われゆく無垢な魂」を持ったユダヤ人少女の視点が、とりわけ良かった。
    年を重ねる事でより生じ易くなる、計算とか悪意とか世間体とか抜きにした、多角面からまだ如何様にも見る事が出来る少女の心。
    人は其処に人がいるから、天使にも悪魔にもなれる。

  • 私はマリーン・ヴァン・トーンハウトの変化が良かったと思いますね。初めは最低の考え方をしています。「オレは、教室の窓を、目いっぱい押し上げて、開いてやった。/レアノラ・セッター{註・表紙の黒人です}の臭いで、臭くてたまらなかったんだ」と。高3にして、KKKの団員。ですが結局彼は、罪人にはならなかった▼伝記キング牧師(偕成社)に依ると、〈クー・クラックス・クランのメンバーたち かれらもふだんの生活では、どこにでもいるふつうの市民とかわりません。教会にかかさず通い、地域社会の指導者であることが多いのです〉と。


    以上読書メーターに投稿したもの。
    ええと、当方現在15歳です。これはフィクションではありますが、間違いない、こんな恐ろしい世界があったんです。で、レアノラ・セッターみたいな、私と同年代の少女がいたはずです。アンネみたいに、矛盾を矛盾と知りながら、非力な自分を呪っていた少年少女が。(アンネ等のユダヤ人迫害は、この時代のあとなんですね。そういうことも、史実に基づいた話ですし、そして巻末に解説もありましたし、すごくわかりやすく読めました。)
    ……とりあえず、感受性がおそらく最もゆたかであろう時期に読めてよかった。KKKはこわいですが、少女であるからこそ、正しさを求め、ただしくないものはヒステリックなほどに凶弾できる。

    これが大人になってから読んだのだったら、どれぐらい、悪いことを悪いと言えたでしょう。まあ、そんな大人にはなりたくないですけど、人間わかりませんからね。KKKみたいな、どうしようもない考え方をしているかもしれない。毒されないよう、昔の教訓を糧に皆が成長できたらいいのにね。

  • カレン・ヘスと伊藤比呂美。いいコンビだ。

  • KKKに侵されていく町を舞台に
    黒人の少女、ユダヤ系の少女、白人の女性、ジャーナリスト、KKKら11人の視点を使って大きなうねりが描かれていく。

    これは面白かった。
    ノンフィクションの力強さを持った児童書。

  • アメリカ黄金の20年代。

    KKK団を取り巻くあいつとあいつとあいつ…たちの声。

  • 児童書コーナーにあった本。
    また読みたい

  • 20年代のアメリカ。ビリー・ジョーの生きた時代よりも少し前の黄金期のアメリカの静かな村で巻き起こるKKK(クー・クラックス・クラン、黒人撲滅運動)事件と、そして人々の声を綴った詩集のような物語。学校の教諭、教会の神父、黒人の少女、ユダヤ人の少女・・11人の村人ごとの気持ちと言葉をそのまま詩にした一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

11の声の作品紹介

1920年代、黄金期のアメリカ小さな町で何が起こり、人々は何を考えたのか普通の人々の中に息づくアメリカの良心とは?KKK団員の少年、アフリカ系の少女、ユダヤ系の少女をめぐって北部の小さな町の11人が語る11の声。

11の声のペーパーバック

11の声のカセット

11の声のハードカバー

ツイートする