カチューシャ

  • 141人登録
  • 3.55評価
    • (14)
    • (27)
    • (41)
    • (5)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 野中ともそ
  • 理論社 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652077566

カチューシャの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 考えるのも行動に移すのも、他人よりワンテンポもツーテンポも遅いため、
    同級生どころか先生にまで疎まれて
    「スローモーのモー」と呼びつけられるかじお。

    唯一の楽しみである突堤での釣りで知り合った
    やたらと丁寧な日本語を操るロシア人の老人ショウセイ。

    そして、ショウセイの孫として現れる、
    抜けるような白い肌に緑がかった瞳の美少女、カチューシャ。

    可憐な容姿に似合わず、かじおやショウセイの前では
    思いっきり地を出して粗野に振舞うカチューシャが、
    転校生として学校に手っ取り早く馴染むために
    「人格変換スイッチ」(←命名、かじお)を自在に操って演じる
    楚々とした美少女ぶりが楽しい。

    やがて仮面が剥がれて、女子がこぞって真似していた
    彼女のトレードマークのカチューシャが
    これ見よがしにゴミ箱に捨てられる日が来ても
    1ミリも傷つかず、飄々と過ごしていたくせに

    合同のクラス展示のテーマに戦争が選ばれ、
    祖父ショウセイの辛い記憶を引きずり出しそうになると
    学校から弾き出されるのを承知の上で
    たったひとりで、展示物の戦車や装甲車に
    ペンキで泣き顔や怒った顔を描いて抗議し、
    祖父には文化祭は中止になったと嘘をつくカチューシャ。

    ペンキでの抗議活動を始める前に
    戦争で深く傷ついたショウセイの気持ちを理解しようと
    はりぼての軍事トラックの中にうずくまる彼女の姿に胸が痛む。

    慣れない場所で、何もかもにきっちり馴染もうとがんばりすぎて
    ぽっきりと力尽きて亡くなったという、母の死の経緯を知り、
    母とは対極を為すかのようなカチューシャの生き方に触れて
    自分のペースで今をじっくり味わおうと思えるようになるかじおも
    彼の心を動かして去っていくカチューシャも
    しみじみと愛おしくなる、初々しい物語です。

  • モー(牛)というアダ名を付けられるくらい、マイペースなかじおの前に彗星の如く現れた真逆なタイプのカチューシャ。皆んなそれぞれの家庭環境で自分を構築していく。性格は変えられないかもしれないけど、考え方や感じ方は色んな経験で変わって行くもの。いろいろ経験して悩んで大きくなるんだよね。カチューシャわかってるかな?王子様だよかじおって!かじおと一緒なら絶対幸せになれるよ!ショウセイは安心したんだろうな。野中氏初読みでしたが、面白かったので他も読んでみたいです!

  • さらさらっと読めたけどあんまり頭に入ってこなかった…。もっと若かったら楽しめたのかなぁ。あとカチューシャっていうとトルストイの『復活』のカチューシャが頭に浮かんでくるからかな…。まぁでも青春時代ってこんな感じかもね。2012/098

  • 自分の時間軸で、世界は回っている。という、当たり前のことを教えてくれます。友だちのこと、好きな人のことを、時間という側面から知るキッカケになる本です。
    熊本学園大学:(ランドルト)

  • スローモーでもいいじゃない!と思わせる作品。ゆっくりでいいじゃない。
    終わり方がいい感じ。香坂がすごくかっこいい。

  • カチューシャってタイトルだからロシア関係のことでるかな、とか思って借りたら・・・!!本当にでてきましたよ!!テンション上がりながら読みました
    みんなが借りてないような雰囲気だったのでおもしろいか不安だったけど、あたりでした おもしろかった~
    買って家に置いておきたいなぁ

  • かじおの周りの登場人物が魅力的。
    ショウセイや香坂がいい味出してるとおもいます。

  • ずっとカチューシャみたいになりたかった

  • カチューシャになりたかった。

全32件中 1 - 10件を表示

野中ともその作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カチューシャを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カチューシャを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カチューシャの作品紹介

僕をとりまく宇宙のその中心に、あの子はすとんと落下してきた。口が悪くて、すばしっこくて、とびきりいけてる女の子-カチューシャ。『宇宙でいちばんあかるい屋根』で、絶賛され、1年。ヤングアダルトの新しい旗手、待望の新作。

ツイートする