メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイ

  • 155人登録
  • 3.79評価
    • (14)
    • (18)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 代田 亜香子 
  • 理論社 (2008年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652079140

メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり恋愛だわね
    殺すのはダメよね、殺すのは
    ジェシーのイケメンぶりには頭が下がる
    最初から王子さまじゃないかねー

  • オタッキーなマイケルに対しての感情がちょっと;
    まあ、見た目で判断するのは誰でもある程度はあるしね……;
    でも嫌いな相手でも体張って助けちゃうところは、さすがスーズ!

    今回でグッとジェシーとの距離が近づきましたね!
    スーズもジェシーのこと好き、って認めてるし。
    続きがきになるー!

  • 隣のハイソな高校生が通う有名ハイスクール。
    そこのイケてる人気者4人組がハイウェイで死んだ。
    その追突事故を起こしたのはスザンナのクラスメートで・・・。

    今回の話はちょっといつもと比べてちょっと複雑になってますね~。
    被害者かとばかり思っていたメディチ君の思考が、うすら寒くて怖かったです。
    でもNYから遊びに来ていたジーナがよい感じに場を明るくしてくれたので、スザンナと二人でカリフォルニアを満喫しているシーンとかは楽しく読めました。
    あー、こういうハイスクールライフ、憧れるー。
    ジェシーとの仲も、ちょびっと進展してきて、あぁ、この流れで本編の方の「メディエータ」シリーズに繋がるのねと納得の第3巻。
    これからトータルで読むなら、ZEROシリーズから本編シリーズに進めることをお勧めします♪

  • 主人公のスーズは幽霊が見えて話せるメディエータ。彼女の前に姿を見せた四人組のゴーストたちはビールを万引きしようとしたり人を溺れさせようとしたり。狙われたマイケル・メディチは妹がプールパーティーで溺れ意識不明の状態になっていて、車の事故でぶつかった相手が死亡するという悲惨な状況。マイケルに惚れていると勘違いされたスーズは、ジーナから反対されながらもゴーストから彼を守るためにしぶしぶ付き合うことにする。真相が分かって、スーズが選んだ道は・・・。

    最初から印象悪かったですが、このマイケル怖い><妹が可哀想なことになってる事情は分からなくもないけれど、いったい何人殺せば気が済むんですか・・・大切なものをなくしてしまったときに、だからと言って人の大切なものを奪い返していいとは思えません。ジーナはちゃらちゃらしてるようで鋭いですね。口論とか絶対負けなさそう(笑)スーズの決心にジェシーが怒って、その後慰める場面は大好きです。何だかんだ言いつつ、大事に想っているのが伝わってきて良いシーンでした。これから本編に入るわけですね♪

  • さすがアメリカ作者の本。
    さらさら〜と読めちゃった。
    でもそのサラサラ感がまた面白かった。

  • メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイ
    メグ キャボット
    理論社(2008-01)

全8件中 1 - 8件を表示

メグ・キャボットの作品

メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイはこんな本です

ツイートする