ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)

  • 74人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (13)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 理論社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652086070

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく大事なことではないんだけどさ、そんなに何十年も経った後、同じ小学校に、そのときいた先生がいるなんてことはあり得ないと思うよ。あったとすれば、それはものすごい偶然だと思う。

    最後のあれは、なんとも無理矢理な気もするけど、まあ、良しとしよう。

  • 面白かった 一気読み
    二転三転する展開 ドキドキハラハラ
    野草に詳しくなれるかな?
    ルビアンの意味もわかったし、
    良かった。

  • 軽い感じでいいとおもいます

    ジュブナイル

  • 植物学者で離婚した父の元を尋ねた娘は、父が殺されているのを発見。犯人を探すのだが…。父に対する葛藤と、犯人を見つけたい気持ちが、やや大人テイスト。

  • 全てがあっさりと進み過ぎだけど、
    野草が好きな人にはお勧め。

  • いかにもYA向けの軽めのミステリー。
    植物学者である父が殺された。残された言葉は「ルビアン」
    これには一体どんな意味があるのだろう?
    父に反感を持っていた娘だが、死の謎を解明するために
    仲間達と一緒に奔走する。
    父と同じ道端の草花を愛するレイ。謎は解明できるのか?
    そして「ルビアン」という言葉に込められた意味は?

  • 【あらすじ】
    植物学者の父が殺された。「ルビアン」という謎のメッセージを残して。両親が離婚してからというもの17歳の北元レイにとって、父は遠い存在だった。でも、今は違う。どうしても、犯人をつきとめたい…。甘ずっぱくてちょっぴりほろ苦い、さわやかな青春ミステリー。

    【感想】

  • 主人公のキャラクターがいいな、と思った。
    父親が殺されたという設定だったので、もっとシリアス系かと思ってたけど読んでみたらすごく爽やかな話だった。
    父親が残したルビアンという言葉から真実を突き止める主人公の推理は大胆ですごく読んでて面白かった。
    中学生ぐらいが読むぐらいの本なので読みやすく、集中して読んだら3時間で読み終わった。
    誰にでも読みやすくて、描写がすごくきれい。
    尚且つ、ストーリー性もいいかんじにまとまってると思う。

  • 2009/12/27

全15件中 1 - 10件を表示

鯨統一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
大崎 梢
有川 浩
湊 かなえ
有川 浩
有川 浩
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)はこんな本です

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)の文庫

ツイートする