近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)

  • 6人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : C.クーマン
制作 : 船越 昭生  Cornelis Koeman  長谷川 孝治 
  • 臨川書店 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784653033042

近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)の感想・レビュー・書評

  • クーマン(長谷川孝治訳)『近代地図帳の誕生』臨川選書、1997年(原著1964年)

     オルテリウスは、アルトウェルペン(1527-98、現ベルギー、英名アントワープ)の地理学者、大航海時代の地図を集成し、世界初の地図帳をつくった。家はアルトウェルペンの古い家系で、父レオナルドは骨董商だった。20歳ごろからオルテリウスと名のり、地図彩飾師になった。聖ルカ・ギルド(芸術家組合)のメンバーであった。フランクフルトの書籍市をはじめ、各地に旅行し、地図(や趣味で収集していたコイン)を仕入れた。背が高く優雅な物腰で、ビジネスマンとしても成功した。ヘラルド・メルカトル(1512-94)が科学的態度で地図をつくったのに対し、オルテリウスは商業的な地図作成で成功した。オルテリウスとメルカトルは友人で、ともに旅をしている。また、『世界の舞台』にはメルカトルの地図を多くとる。(地図帳という意味の「アトラス」はメルカトル1588年による。)
     1550年から58年にイタリア、59年にはパリに滞在、60年には、ヘラルド・メルカトル(1512-94)といっしょにフランスを旅行した。58年ごろから出版業者プラタイン家と取引があり、1563年からコスモグラファーとして認知されていた。65年には「エジプト図」を描いた。
     1570年に世界初の地図帳『世界の舞台』(ラテン語版53図副、71年オランダ語版、72年ドイツ語・フランス語版、73年70図副、79年93図副、84年114図副、91年134図副に増訂)をつくる。初版発行1570年から1599年までに1911部が出版業者プラタイン家にわたっている。
     73年にはアルバ公から「陛下の地理学者」の称号をたまわる。また、同年稀少コインの説明書を出版した。75年、イタリアで骨董及びコインを収集、76年、スペインのアルトウェルペン進攻で一時イギリスに亡命した。78年イタリアを訪問、地名辞典を完成、81年新しい家を購入し、『歴史地図帳』にとりくむ。また、『交友録』にのせるためにヨーロッパを旅する(85年、パルマ公がアントウェルペンを包囲した)。
     92年、家を買い「オルテリウス博物館」を設立した。93年に『ユリウス・カエサル全集』を出版、95年に市から敬意の印としてゴブレットを贈られる。1598年7月4日にアントウェルペンで死去した。
    『世界の舞台』(1570)にいたる世界情報の源泉
    ーーーーーーー
    1487年 ディアズ、喜望峰に到達
    1492年〜1504年 コロンブス四航海
    1497年 ジョン・カボット、ニューファンランドへ航海
    1498年 ヴァスコ・ダ・ガマ、インドのカリカットに到達
    1500年 セバスチャン・カボット、ノヴァスコシアへ航海
    1509年 セバスチャン・カボット、ハドソン湾へ航海
    1511年 ポルトガル人、モロッカ諸島に達する。
    1519年〜22年 マゼランの世界周航
    1519年〜35年 コルテスによるメキシコ征服
    1524年〜27年 ピサロによるペルー征服
    1525年 スカンジナビアにゲラシモフが到達
    1527年 アルヴァロ・デ・サーヴェドラ、メキシコからフィリピン・モルッカ諸島へ航海
    1544年 ペドロ・デ・バルディヴィアがマゼラン海峡にいたるまでの南米西海岸を探検
    1549年 ザビエル、日本に到達
    1549年 オーストリア人ジギスムント・ヘルベルスタインが自著にロシアの地図を掲載
    1556年 イギリス人バローズがアルハンゲリスクを訪れ、ノヴァヤゼムリャ島に到達
    1558年 イギリス人ジェンキンソンがロシアを横断、ボハラまで旅行

  • ●構成
    第1章 はじめに
    第2章 アブラハム・オルテリウスの生涯(1527-1598)
    第3章 1510-1570年におけるヨーロッパ地図学の構造
    第4章 1570年の『世界の舞台』諸般
    第5章 賞賛と批判
    第6章 1570年以降の『世界の舞台』の発展
    第7章 『世界の舞台』初版所収の地図に反映された16世紀後半における地図作成の状況
    あとがき
    --
     16世紀の地図作成者として一人挙げよと尋ねられた場合、殆どの人はメルカトールの名前を挙げるであろう。もちろん、それは問題ない。しかし当然、メルカトールの他にも、地図作成者、地理学者、地図学者は多数存在する。本書はメルカトールと同時代に生き、メルカトールと共に実見の旅へ行き、互いに影響され賞賛しあった地図作成者であり地理学者でもある、アブラハム・オルテリウスの生涯と、彼の代表的な出版物である『世界の舞台』についての詳細な情報を記している。
     また本書は、オルテリウスの生きた16世紀のヨーロッパでの生活について、特にオルテリウスが住んだアントウェルペン(アントワープ)という街について、一人の科学者を中心に叙述している。
     オルテリウスの手による『世界の舞台』は、ヨーロッパ各国の学者や王侯に求められた。『世界の舞台』は何度も改定され、新大陸や東アジアの地理を含めた当時の最新情報を盛り込んでいった。
     あくまでもオルテリウスを中心に叙述しているため、他の地図製作者や地理学者については、オルテリウスとの関係においてのみ記されている。その点に留意して読む必要があろう。

全2件中 1 - 2件を表示

近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)を本棚に登録しているひと

近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

近代地図帳の誕生―アブラハム・オルテリウスと『世界の舞台』の歴史 (臨川選書)はこんな本です

ツイートする