《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)

  • 14人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 早稲田大学出版部 (2012年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784657123077

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)を本棚に登録しているひと

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)の作品紹介

被災地の復旧・復興、原発事故への対処・管理など次世代・未来世代に影響が及ぶ重要な意思決定をいかに行うか。専門家は政策提言に際してどのような責任を負っているのか。

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)はこんな本です

《当事者》としていかに危機に向き合うか ― 震災復興の政治経済学を求めて② (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)のKindle版

ツイートする