法と芸術

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小笠原正仁
  • 明石書店 (2001年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750314037

法と芸術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芸術に関する法として、サブタイトルにある通り著作権法の概要を解説した本。250頁あるが、後半の100頁は著作権法(平成12年改正まで)の全文なので、実質150頁である。
    導入として所々に挿入される教師と二人の学生とのやりとりが場違いで、そのノリについていけないという欠点はあるものの、クリエーターを目指す学生に向けた講義のための本ということもあり、創作の現場を意識して踏み込んだ解釈が述べられている箇所もあって興味深い。(犬の首に取り付けたカメラで自動的に撮影された写真は著作物か? など。)
    さらに、単なる著作権法の概説に留まらず、表現の自由と自主規制について章を割いて述べられているのが特徴。
    ただ、全体的にもう少しボリュームを増やしてゆっくりと説明してもよかったのではないかと思える。

全2件中 1 - 2件を表示

小笠原正仁の作品

法と芸術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

法と芸術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

法と芸術を本棚に「積読」で登録しているひと

法と芸術の作品紹介

クリエーターを目指す若い世代のために,基本法とも言うべき著作権法の内容と目的を,著作物の定義,著作者人格権など項目別に,わかりやすく解説。表現の自由と自主規制の問題にも言及した恰好のテキストブック。資料として著作権法全文を付す。

法と芸術はこんな本です

ツイートする