ブラジルを知るための55章 エリア・スタディーズ

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (2)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 明石書店 (2001年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750314150

ブラジルを知るための55章 エリア・スタディーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラジル人作者のブラジル讃歌がちょっと鼻につくことがあるのと、ブラジルを褒めるだけでなく、同じシリーズのペルー版のように、もうちょっと歴史などにも触れて欲しかったな。巻末の参考資料は役に立ちそう。

  • 日系ブラジル人の紹介するブラジルの多面性。内容は薄いが情報の幅は広く,参考になりました。ちょっと内容が古いなぁと思っていいたら,実は今年2月に改訂版が出ていたみたいで。。。全面改訂なら買おうかなぁ。人種の坩堝だけど差別もジョークになる風土というのは,日本からはちょっと想像できません。行かねば。

  • ブラジルに行く前に読むとさらに興味が湧いてくる。
    ブラジルの常識を知っておくにもよく、現地で恥をかくのは防げるはず。

  • カーニバル、コーヒー、サッカー、アマゾンだけじゃない!文化、政治、庶民の暮らし・・・現地在住の日系人が生活者の視点で紹介。現在のブラジルを知るために参考になります。

  • 導入編としてはとてもよい。

  • ブラジルを知りたくて4冊の本を買ったうちの1冊。サッカー、F1、アマゾンなどがすごくしっているくにである。しかし、ブラジルにはもっとすごいことがある。黒人・白人なんて関係ない人種の坩堝。もっとしってみたくなった。この本は、そんなブラジルを55章にわけて、簡単に説明している。ブラジル入門書としてもっともいい本であろう。

  • カポエイラをはじめてブラジルが身近になってきたため、チョットお勉強。読みやすい。 2006.10月

  • 各国「知るための…」シリーズ、ブラジル編

  • そこまでおもしろくはないんだけど、軽いエッセイ集みたいな感覚で読めちゃう本。

全9件中 1 - 9件を表示

アンジェロ・イシの作品

ブラジルを知るための55章 エリア・スタディーズの作品紹介

世界を虜にしたボサノバの魅力,「シネマ・ノーヴォ」以後の現代映画の底力,ブラジル風ジョークの楽しみ方,ストリート・チルドレン問題など,“サッカーとカーニバル”の国ブラジルをさらに深く知るための55章を収録した必見ガイド。

ブラジルを知るための55章 エリア・スタディーズはこんな本です

ツイートする