アジアの開発と貧困

  • 16人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 明石書店 (2006年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750323237

アジアの開発と貧困の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マレーシアの女性と開発、そしてNGOの詳細を調べるのに役に立った。
    第1-11次マレーシア計画計画の分析以外に何か方法はないか見るために利用した。
    開発と女性について調べるには良書。

  • ノーベル賞受賞で話題になったムハマド・ユヌス博士のグラミン銀行のことが書かれていて、興味深かった。

全2件中 1 - 2件を表示

松井範惇の作品

アジアの開発と貧困の作品紹介

これからの「開発」が目指すべきものとは何か? アマルティア・センのケイパビリティ(可能力)という言葉をキーワードに,アジア各国の研究者が,女性のエンパワーメントとQOL(生命活動の質)という側面から開発と貧困の問題を考える。

アジアの開発と貧困はこんな本です

ツイートする