世界を不幸にする原爆カード

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 金子敦郎
  • 明石書店 (2007年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750325576

世界を不幸にする原爆カードの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アメリカはなぜ広島に原爆を落とす必要があったのか。アメリカ人の中にそれに反対したり、後悔するものはいないのか。本書はルーズベルトとトルーマンという二人の大統領の間にあって、原爆投下を実行する上で大きな役割を果たしたバーンズやかれをとりまく人々の生涯、事件、行動を丹念に追いかけたもの。原爆投下によって、アメリカの若い兵士100万人の命が救われたと言われているが、この数字はかなり作為的なもので、日本の降伏を促すためには、天皇制の護持、ソ連の参戦、原爆投下という三点セットを提示すればよかった。それをしなかったのは、戦後体制で優位に立つために、つまりソ連に対し優位に立つために、あれだけのお金をかけて開発した原爆を一度は使っておく必要があったのだ。著者はもと共同通信社の記者だけに文章は読みやすいが、全体に英語の本の翻訳を読んでいるような錯覚に襲われる。

全1件中 1 - 1件を表示

金子敦郎の作品

世界を不幸にする原爆カードを本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界を不幸にする原爆カードを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界を不幸にする原爆カードを本棚に「積読」で登録しているひと

世界を不幸にする原爆カードの作品紹介

1945年夏,広島・長崎への原爆投下はなぜ,いかにして行われたのか? 米政府内部文書を掘り起こし,その背景と理由に迫る,元通信社国際部ジャーナリストならではの労作。現代にまで続く危険な「核カード」神話に警鐘を鳴らす,歴史的ドキュメント。

世界を不幸にする原爆カードはこんな本です

世界を不幸にする原爆カードの単行本

ツイートする