レイシズムの変貌

  • 22人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 明石書店 (2007年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750326665

レイシズムの変貌の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 科学的レイシズムの勢いはナチズムと共に頂点に達した。ナチスは医学、生物学、科学、遺伝学だけでなく、人類学、精神医学、歴史学、考古学、法学、人口学といったあらゆる地を動員して、人種思想の科学的根拠を確立しようとした。その目的は、(まずユダヤ人が想起されるが、ユダヤ人だけではない)人間を人種別に定義し、分類、判別、格付けすると同時に、アーリア人種の優越を主張し、歴史、文化、自然面での正当性を獲得することにあった。ナチスによる非人道的行為が確認されると、科学的レイシズムは消滅とはいわないまでも、正当性を失った。

  • 欧州を中心としたレイシズムのことがひと通り学べる入門書。
    日本でも、極右組織などが現れ、レイシズムの問題が現れるようになってきている。レイシズムとは何なのか、歴史から学んで行かなければならない時だと思う。

  • レイシズムの分析理論を簡単にまとめた後レイシズムの現在を論ずる。
    著者はフランス人なのでフランスやヨーロッパのレイシズムが主題だが、もちろんアメリカ合衆国におけるレイシズムも取り扱っている。
    レイシズムの社会科学的な背景を垣間見れてよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

ミシェル・ヴィヴィオルカの作品

レイシズムの変貌の作品紹介

現代社会においてレイシズムは消滅するどころかグローバル化とともに変貌し遍在している。80年代以降政治哲学を中心に活性化した議論を明確に整理した、フランス社会学界の泰斗によるレイシズム分析入門。高まる人種偏見・民族差別をどう捉えたらよいか。

レイシズムの変貌はこんな本です

ツイートする