エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズ

  • 14人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岡倉登志
  • 明石書店 (2007年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750326825

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • けっこう歴史あるし、キリスト教が国教だった歴史はヨーロッパより長いんだね!

    支配層だった民族とマイノリティの確執や、それに関する食習慣とか面白かった。

    ベト・ギョルギス(ゲオルギウス聖堂)を見に行きたい。え、足すべらせたら危ないんじゃないの?

    かなり多くの章で王朝の話が出てきたんだけど、ほとんど覚えてない。
    イスラムが強くなってからは陸の孤島状態でいろいろ古いものが温存されたらしい。土地制度とかその分近代化途上でも障壁になったようです。

  • エチオピアについて知りたくて読んでみた。よくまとまってるかどうかは分からないけれど、類書が少ない中では一通りエチオピアに詳しくなれると思う。エチオピアの現状というよりは背景に詳しくなる感じか。

  • エチオピア人はコーヒーが大好き。個々人で楽しむのではなく、人をもてなすときにコーヒーを入れる。コーヒーセレモニーが観光の目玉にもなっている。
    1991年にはすべてのユダヤ人がイスラエルに脱出した。
    全人口の約半数がエチオピア正教。
    エチオピアでは教育は近代化のための魔法としてとらえられてきた。
    インディジョーンズの映画「失われたアーク」で有名になった。
    ラスタリファンあるいはラスタと聞いて、すぐに思い浮かべるのはボブマリー。彼のレゲエは人種差別や貧困と闘うラスタファリアンの叫びであり、ジャマイカは、この社会宗教運動の発祥の地である。
    ラスタリファンをエチオピアと関係づける説が注目されるようになるのは、1970年代に入ってから。ガーヴィーがエチオピアニズムの種からラスタリファニズムという花を咲かせたことは自明。
    2006年には小泉首相が訪問している。

全4件中 1 - 4件を表示

岡倉登志の作品

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズを本棚に登録しているひと

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズを本棚に「読みたい」で登録しているひと

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズの作品紹介

80以上の民族が織り成す多様な歴史と文化を持つ北部アフリカの高地国は、日本との歴史的関係も深い。アベベに代表される“長距離王国”と“紛争・難民・飢餓の国”だけでなく、珈琲道、岩窟教会群、失われたアークなど…執筆者が現場で見た溢れる魅力が満載。

エチオピアを知るための50章 エリア・スタディーズはこんな本です

ツイートする