激動のトルコ

  • 35人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 内藤正典
  • 明石書店 (2008年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750327570

激動のトルコの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】302.274||N【資料ID】10801074

  • EUの拡大について調べるために手に取った本だけど、結果的にトルコという国自体について関心を持った自分がいる。イラク戦争時の出兵拒否や現代のイスラエルの問題、クルド人問題を含めてこの国のことは肯定的にも否定的にも見ていたけれど、改めてこの東西を結ぶ架橋としてのこの国の重要性について認識が深まった。本書は新書ではないのでイスラエルとの船舶問題には触れていないが、今までどちらかというとトルコ側にネガティブなイメージを持っていたキプロス紛争や、「国家全体を一体」荷室続けなければならない国是のことを知るとまた違う目線ができる。トルコ出身の作家オルハンパムクが、かつてクルド人問題に言及してトルコ国内で論争があった。今ならその理由がわかる。そのほかドイツへの移民や、欧州におけるイスラム差別についてなどの幅広い見地から、この国のことを知ることができた。星4つ。

全3件中 1 - 3件を表示

内藤正典の作品

激動のトルコに関連する談話室の質問

激動のトルコを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

激動のトルコの作品紹介

イスラーム圏にありながら政教分離を徹底し、東西文明の分岐点とよばれるトルコ。近年はEUへの加盟が頓挫するとともに、国内で宗教勢力が台頭し、歴史的転換のときを迎えている。ヨーロッパのイスラームへの眼差しを踏まえつつ、この国のゆくえを模索する。

ツイートする