DV・虐待加害者の実体を知る

  • 42人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 明石書店 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750328904

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村山 由佳
ヴィクトール・E...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

DV・虐待加害者の実体を知るの感想・レビュー・書評

  • 認知が歪んでいる。でも、それは何故?

  • DV加害者について、最も詳細に書かれている本のような気がする。筆者はアメリカでDV加害者カウンセラーをしているので、本に書かれている事例はアメリカのものだけれど、DV加害者の心には国境は無いことがよくわかる。
    人種も宗教も関係ない。
    DV加害者男性の考え方が、よーくわかりました。
    女性は世界最大のマイノリティ集団なのかも、と、つい思ってしまった。
    DVにおける加害者の心理がこれでもかと、詳細に説明されている。
    DVは加害者の原因が全てで、被害者には罪は無い。その解説にはブレが無く、とても理にかなっていると思う。
    しかも筆者は男性。DVに関して「被害者の方(往々にして女性)も悪い」と思っている殿方にこそ読んでいただきたいなー。

  • 是非今DVや虐待に悩んでいる人に読んでもらいたい。
    虐待には身体的なものだけではなく、精神的なものも含まれます。

    そして、自分はDVなんて関係ないと思っている人にも読んでもらいたいです。
    この本を読むことで考え方が変わると思います。

    本当に社会全体に、本当の意味での<平等な世界>が広まってくれるのを願っています。

全4件中 1 - 4件を表示

DV・虐待加害者の実体を知るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

DV・虐待加害者の実体を知るの作品紹介

DV・虐待はなぜくり返されるのか。社会的通説に隠れ虐待を重ねるDV加害者の心理を暴き、その行動・手口を読み解く。被害者にならないため、またDV加害者から逃れるためにはどうすべきか、具体策を提供する画期的な書。

DV・虐待加害者の実体を知るはこんな本です

ツイートする