ポジティブ・ディシプリンのすすめ

  • 34人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン  柳沢圭子 
  • 明石書店 (2009年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750329802

ポジティブ・ディシプリンのすすめの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長期的な目標を決め、それに向かい優しさで包み込むような枠組みを示して子供に接して育ていく。
    年齢毎の事例や例題を示し理解を深めていく。

  • 子育てをする上で大切な視点を提供し、トラブルの際、気が動転してる時などにそれを思い出させるためにある本、という印象を受けた。
    良著です。

  • 2~5歳までの部分のみ、他は目を通す程度

  • メモ)「ポジティブ・ディシプリン」の効果的な育児に必要とされる4原則:
    ①長期的な目標を決めること
    ②温かさを与え、枠組みを示すこと
    ③子どもの考え方・感じ方を理解すること
    ④課題を解決すること
    ==
    こういう本は中の人が出てきてからでは落ち着いて読める気がしないので、産前によく咀嚼して土台を築いておきたいところ。マニュアルではなく、向き合い方を考える本なのが良い。

  • 非常に奥が深いと言いますか、目の前で泣いている子どもへの対応策を今すぐ知りたいといった短期的対処策を知りたい親御さんには全く適さない本です。

    20歳になった我が子にどうあって欲しいかを想像しながら教育計画を立てるところから始まるわけですから、今ここに居る我が子をどうしたい、という欲求にはあまり多くの解が載っているわけがありません。

    本書はある意味で非常に学問的と言いますか、まるで大学の講義に出ているような錯覚すら覚えるくらい、親自身に考えることを求めてきます。
    本書に沿っていろいろと記入をしていくと、親と我が子の向き合い方、しつけ方が見えてくる、ということです。

    なぜ、こういうつくりになっているのか、自分なりに解釈してみると、いわゆるHOWTO本は、「こんなときは、ああしましょう」的なことが書かれていますが、親も子も性格も気質も違うので、必ずしもそのケースに当てはまるものでもないことがあります。無理やりHOWTO通りに受け答えしたところ、妙にギクシャクしちゃう。
    本書は、そこすらを理解したうえで、現実的な解を親自身に考えてもらおうとしています。

    もう一度はっきり言います。本書には的確なHOWTOは記載されていません。
    その代わりに、いつなんどきでもどのように対処すべきなのか、という考え方を導き出すための道筋が記載されています。
    本書を読むのは1日か2日で終わりますが、本書のフレームワークに従って我が家にとっての適切なしつけ法を導くには1ヶ月くらい掛かるかも知れません。

    で、私なりにしつけ法について、分類してみるとこんな感じです。

    ポジティブ・ディシプリン ・・・ 長期的、戦略的フレームワーク
    アドラー心理学、親業 ・・・ 戦術論、行動の原理原則論
    (モンテッソーリ教育 ・・・ 教育法。しつけとはちょっと違う)

    どれが良い、ということではなくて、これらを組み合わせて用いるのが良いと思います。
    ポジティブ・ディシプリンで長期的な視点での子育て原則を持っている人が、アドラー心理学や親業に長けてその場その場の対処策に精通していると、無敵な気がします(笑)

  • 現役ママ・パパだけでなく、いつか親になる世代にもぜひ読んで欲しい本。0-18歳まで対応。子どもが20歳になったとき、社会の中で本当に強くしなやかに生きていける、ひとと社会を大事にできるひとに育っているかどうかは、最も重要な教師・お手本・社会の案内役たる親の接し方の積み重ねで決まる。短期的な視点での子育てではなく、長期的な視点で、かつ目の前の課題を解決するにはどうしたらいいか? 子どもの目線を提供しつつ、「自分だったら?」というワークもふんだんに盛り込まれた一冊。

  • アメリカのビジネス書のようなフレームワーク&ワークブック的な育児書。自分で書き込むワークブック部分が多く、もっと読みたかった私としては物足りないが、大切ないのは自分の気持ちや考えを棚卸しすることなのだろうと考えます。子供のよくあるシチュエーションごとに親がとるべき言動のオプションが3つ書かれているのですが、正解はすぐに分かります。むしろそうしたいのにできないという親に対し、朝の超忙しい時間でもこうすれば可能!的なやり方を提示できるとよいと思いました。

全8件中 1 - 8件を表示

ポジティブ・ディシプリンのすすめを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポジティブ・ディシプリンのすすめを本棚に「積読」で登録しているひと

ポジティブ・ディシプリンのすすめの作品紹介

ポジティブ・ディシプリンとは、長期的な目標のもとで子どもの主体性をのばすことを目的に開発された新しい子育て法。年齢別に、子どもとのよくあるやりとりや状況を例示し、ポジティブ・ディシプリンの4つの原則に基づいての対応法を学んでいく。

ポジティブ・ディシプリンのすすめはこんな本です

ツイートする