パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 石井 朝子  石井 朝子  西川 美樹 
  • 明石書店 (2012年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750335278

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 弁証法的行動療法で身につける感情コントロール・対人関係スキル

    まずは自分の感情に注意をはらい、気づくこと。そして、それを正確に表現ること。

    同じように相手にも注意を払い、気持ちや欲求に気づくこと。そして、それを承認することが大事。

    承認は同意ではない。

    相手を変えようとしているうちは、幻想の中で生きている。理想とは違う相手を受け入れてこそ、次に進める。

    失望は時に痛みや怒りをともなう。痛みや怒りをまず承認し、手放すこと。

    ふー、関係は努力あってこそです。Any relationship needs work.

全1件中 1 - 1件を表示

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―を本棚に登録しているひと

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―の作品紹介

禅思想を取り入れた新療法として欧米で脚光をあびるDBT。喧嘩ばかり繰り返す葛藤の多いカップル向けに、このスキルを使って、否定的な感情をコントロールする方法や効果的なコミュニケーションの方法を解説。パートナー間の良好な関係を築くガイドブック。

パートナー間のこじれた関係を修復する11のステップ―DBT(弁証法的行動療法)で身につける感情コントロール・対人関係スキル―はこんな本です

ツイートする