モッキンバード

  • 72人登録
  • 4.17評価
    • (8)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : ニキ リンコ 
  • 明石書店 (2013年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750337500

モッキンバードの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (No.13-36) 児童書です。

    『アメリカ、バージニア州の小さな町に住むアスペルガー症候群の少女ケイトリンは小学5年生。本を読んだり絵を描くのは得意だけれど、他人の気持ちを理解するのは不得意なので友達もいない。でも今まではあまり困らなかった。だってお兄ちゃんのデボンがいたから。お兄ちゃんはケイトリンのことがとてもよく分かっていたから、どうしたらいいのか分からない時はいつもお兄ちゃんが教えてくれた。笑ったほうがいいのか、いつまで笑ってたらいいのかも・・・・。

    もうお兄ちゃんはいない。区切りって何?気持ちの区切りって。カウンセリングのブルック先生に聞いたけれど「それぞれ自力で探すしかないのよ」って。パパも区切りを見つけることが出来ない。
    〈重大な喪失体験の後で悲嘆の反応がひとまず収束した状態〉ってどこに置いてあるんだろう。お兄ちゃんなら知っているはずなのに、お兄ちゃんに聞くことが出来ない。』

    いっぱい泣いちゃいました。
    視点がケイトリンなので、パパの内面はほとんど描写されていません。でも私はやはり親の立場で読みました。
    この一家はママがすでに亡くなって、パパと中学生のデボン、小学生のケイトリンの三人家族でした。妻を亡くしたあとパパは、ずいぶん頑張ってきたみたいです。最初はケイトリンの服について何も分かっていなかったのに、ものすごく細かいこだわりを全部覚えて今ではケイトリンが納得できる服を買ってきます。食事の時間や内容もケイトリンに合わせてくれてます。
    そんなパパにとって、頭が良くて妹に優しいデボンは自慢の息子だったでしょう。時にはケイトリンの面倒を見る、同志のような気持ちにもなったかもしれません。
    その息子を一瞬で奪われた悲しみと悔しさはいったいどれほどのものなのか。
    区切りなんか考えられない気持ちだったでしょう。

    ケイトリンが自分で考え感じて「分かった」こと。パパとデボンがやるはずだったことを、パパとケイトリンがやり遂げる。
    区切りは個人的なものだけれど、それは他の人にも影響を与えました。
    今までケイトリンは他の人の気持ちに共感できるように指導されてきましたが、別の見方をすると他の人はケイトリンに共感してくれなかったのです。ケイトリンの気持ちが少数派だから。
    パパとケイトリンの区切りは、町の人たちの共感を得て多くの人が癒されました。共感をする側でなく、してもらう側になったことでケイトリンは「共感」を実感したと思います。

    とても感動しました。読んで良かったです。

  • 銃乱射事件で、大好きなお兄ちゃんを失ってしまった、アスペルガー症候群の女の子、ケイトリン。

    ケイトリンは、「共感」が苦手。“人の立場に立って”と言われれば、その人が立っているところに行こうとする。その人が座っていたらどうしようと、困ってしまう。
    “気持ちの区切り”が理解できない。区切りはどこにあるのかと、必死に見つけようとする。
    けれど、いくらケイトリンが共感が苦手でも、周囲からの冷たい目や笑い、そういうものには、傷つくんだよ。

    物語がすすむにつれ、どんどんどんどん、ケイトリンは変わっていく、成長していく。
    共感が、だんだんできるようになり、周りに言われていた、自分のちょっとおかしな行動にも、気がつくようになる。
    そして、読者である私たちも、気づくことになる。
    アスペルガーの子の行動や言動には、彼/彼女なりの理由や根拠があって、私たちだって、それを知ったら、「なるほどなー」と思うはずなんだ。
    だから、アスペルガーの子と話す機会があったら、きちんと「なんでそういうことをした/言ったんだろう?」と聴いてほしい。
    そうすれば、彼/彼女の見ている世界が、少しはわかるはずなんだ。

    訳者のニキリンコさんもアスペルガー症候群であるという。
    だから、この本は、アスペルガーの子の見えている世界が、そのまま反映されている気がした。

    私だったら、ケイトリンにこの状態をどう説明するだろう?
    ずっとそれを考えながら読んでいた。
    ラストが、すごく温かくて、好き。

  • 自分の気持ちがあり、他人の気持ちもまたあることを考えさせられる本。

  • アスペルガー症候群のケイトリン。一番の理解者であり助言者であった最愛の兄を銃の乱射事件で亡くしてしまいます。本と絵を描くことが大好きなケイトリンですが、人の気持ちを汲み取るのは苦手で、学校では友だちもなかなかできません。母は早くに亡くし、父は悲しみに沈み自分のことで精一杯。苦境に立たされるケイトリンですが、カウンセラーのブルック先生の親身な支えで、社会の中で生きていくうえで大切なことに徐々に気づきはじめ・・・。ケイトリンの気持ちに沿って物語は進みますが、困難を抱える人に心を寄り添わせることの大切さについて考えさせられます。

  • 原題は『Mockingbird』。Kathryn Erskineによる2010年発表作品。

  • なんでこんなことをするのだろう?なぜこんなことを言うのだろう?と子どもの言動の理由を知りたくて、頭のなかをのぞいてみたいと思うことがある。この本は人の数だけあるたくさんある子どもの言動の理由の一つを示してくれている。そして、その理由や実際の言動に移すまでの考え方はなるほどなあと納得しつつ、そうかそんな考え方もあるなあと考えさせられる。もっともっと子どもたちのことが知りたいなと思う。

  • アスペルガーの主人公が様々な困難を乗り越え自分なりに懸命に生きる話。作者がアスペルガーでない事に驚いた。アスペの事がよく分かった。

  • ケイトリンはアスペルガー症候群の少女。理屈っぽくて、他の人の気持ちがわからなくて、みんなに合わせるのが苦手。でも、これまではお兄さんのデボラがいたから、ケイトリンはお兄さんにいろいろ教えてもらえた。
    でも、学校で銃の乱射事件が起こって、お兄ちゃんは死んでしまう。
    お父さんはケイトリンによくしてくれる。けれど息子を亡くした悲しみと、アスペルガーのケイトリンを支えてゆくことでいっぱいいっぱい。お母さんは小さい時に亡くなっていない。
    ケイトリンは学校のカウンセラーの先生と一緒に、気持ちの区切りのつけ方、人の気持ちと共感することを学ぼうとする。



    ケイトリンの一人称で描かれているので、ケイトリン独自のこだわりやテンポがわかって良かった。ひいては、アスペルガーの人たちには、一見、変に見えることでも、その人なりのルールがあるとわかる。一緒に暮らしていたなら、大変に面倒くさい、だけど、知ってしまえばわかりやすいルール。

    最愛の家族を失って、「普通」の人とは感じ方・表し方は違えど、ケイトリンも悲しんでいる。そして、気持ちの区切りをつけようとする。
    お父さんも、他の被害者の家族も、加害者の関係者も、街全体が、悲しい事件から立ち直ろうとする。
    誰もが、誰かを思えば、みんなが生きやすい世の中になるんだろうと思う。

  • いろいろ複雑な本だった。
    けれども、アスペルガーの子の見え方・感じ方だけでなく、とりまく家族・先生の伝え方、そしてカウンセリングとは?という色々な問題を分かりやすく物語に書かれていた。物語としてもよくできていて、児童書でもあり、アスペルガー入門書のひとつにもなりうる本である。

  • 泣いた。アスペルガー症候群のケイトリンが、死んだお兄ちゃんに共感できたくだりなんか特に泣けた。多様性社会を生きていくために、この本はたくさんの人が読むべきだと思った。

全17件中 1 - 10件を表示

キャスリン・アースキンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柏葉 幸子
デボラ ホプキン...
ジークリート・ラ...
キンバリー・ウィ...
ヨシタケシンスケ
パトリック・ネス
宮下 奈都
ロブ・ブイエー
魚住 直子
朝井 リョウ
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

モッキンバードに関連するまとめ

モッキンバードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モッキンバードを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モッキンバードの作品紹介

アスペルガー症候群の10歳の少女ケイトリンは他人の気持ちの理解が苦手で学校では友達もできない。そのうえ唯一頼りにしていたお兄ちゃんが銃乱射事件で死んでしまった。そんななか出合った言葉の意味を探るうち、彼女は生きるために大事なものを見つけていく。2010年全米図書賞受賞。

ツイートする