まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-

  • 32人登録
  • 3.63評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : みなみ ななみ  「外国につながる子どもたちの物語」編集委員会 
  • 明石書店 (2013年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750338255

まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 進美中学校の新1年生のクラスには、外国人の仲間がいます。
    みんな、文化の違いからくる悩みを抱えています。

  • カテゴリ:図書館企画展示
    2015年度第1回図書館企画展示
    「大学生に読んでほしい本」 第1弾!

    本学教員から本学学生の皆さんに「ぜひ学生時代に読んでほしい!」という図書の推薦に係る展示です。

    岩田一成准教授(日本語日本文学科)からのおすすめ図書を展示しました。
        
    開催期間:2015年4月8日(水) ~ 2015年6月13日(土)
    開催場所:図書館第1ゲート入口すぐ、雑誌閲覧室前の展示スペース

    日本の学校はどんどん多国籍化しています。在日外国人は、英語を話す欧米人ばかりではありません。本当のグローバル人材とは、いろいろな国の人と柔軟にお付き合いができる人のことです。まずはその第一歩として相手のことを理解してみませんか?この本はオススメです。

  • クラスメイトに外国人が来ることはこれから先ふえていくと思います。その時に、日本で暮らす外国人の子が自分らしく生活でき、共にいきることを喜びとするクラスメイトや先生の存在が大切になってきます。どうやってかかわっていけばいいかまんがでわかりやすく自分で考えることができるようになっている本です。
    (教育学部 数学専修)

    現在日本には様々な人々が生活しています。特に、子ども達の生活を大人の人々はあまりよく知らないと思います。この本は、「自分の子ども達が通っている小学校・中学校などに外国人の子どもがいると、こうなるのだろうか」と普段は考えたことことがない事を私たちに問いかけてくれます。
    (外国語学部 外国語学科)

    自分が子どものころ、クラスメイトに外国人はいませんでしたか?国が違うと、言葉も文化もマナーも違うため上手にコミュニケーションがとれず、行動を誤解してしまうことはありませんでしたか?この本は、そういった経験をした人に読んでほしい一冊です。先生を目指す人も将来のために是非。
    (教育学部 国語専修)

  • 【読了・購入済み】
    ピンクの本【クラスメートは外国人】入門編を読み終わりました(・ω・)

    マンガである上に、1テーマが見開き3ページ程度にまとまっていて、すごく読みやすかったです(*´ω`*)

    それぞれ、読者に考えてもらう形で話が終わっていることが多いため「その後どうなったの?」と気になります。だから、考えたり調べたりに繋がるのだと思いますヾ(*・∀・*)ノ

    右の緑の本を半分ほど読んでから、ピンクの本を読むと、より話の内容がわかります(ノ)`ω'(ヾ)☆

    子どもも大人も、そして先生も学び気づける一冊だと思いました(`・ω・´)


    ー追記ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●この本には【インドシナ難民】のことも出てくるよ(・ω・)! ベトナム戦争やボートピープルのこと、また日本の対応が分かりやすくまとめられています。 いわずもなが、先日、トルコの海岸に打ち上げられたシリア難民の3歳の男の子もボートピープルでした。この本には、船の上の様子も描かれています。


    ●この本には【クルド人難民】のことについても書かれています(`・ω・´)日本政府はインドシナ難民を受け入れたにも関わらず、クルド人はじめ他の難民をなかなか受け入れません。それはなぜ? そのようなことも、この本には分かりやすく書かれています!


    ●【中国残留孤児】の話が出てきた。満州だ。亡き祖父が軍人として満州に派遣されていたと、幼い頃聞いた。そして、満州にいた時、祖父は野花を押し花にしていた。

    「おじいちゃんがつくった押し花だよ」と、生前、私が小学生の時にその満州の押し花をもらった。保存状態がよく、植物の産毛?みたいなのも残っている。

    そんなことを思い出しながら、中国残留孤児のページを読んだ。

    あ、ちなみに、その押し花は今も私の宝物として大切に保存してありますヾ(*・∀・*)ノ


    ●「日本人にしかできない仕事があるってこと?それって差別じゃないの?」という問いかけに、「うん。差別だね。」と言えない自分がいる。まだまだ日本在住外国人の気持ちがわからない。勉強しなきゃ。話聞かなきゃ。


    ●指紋捺印は要るのかな?
    でも、在留カードは要るような気がする。あくまで「気がする」という漠然とした意見しか言えない・・・orz

    在留カードは色々と便利だとは思う。パスポートと違って、必ず現住所が記載されている公的証明書だから、銀行口座作ったりするのに役立つしね。

    ただ、常時携帯はどうなんだろう・・・?あーもーまだまだ勉強不足だ・:*。・:*≡_(⌒(/>ω<)\ ウワーー!


    ‪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    #‎日本語教育能力検定‬ ‪#‎日本語教育能力検定試験‬
    ‪#‎多文化ソーシャルワーカー‬ ‪#‎多文化ソーシャルワーク‬
    ‪#‎ソーシャルワーカー‬ ‪#‎ソーシャルワーク‬
    ‪#‎日本語能力検定‬ ‪#‎JLPT‬
    ‪#‎日本語教育‬ ‪#‎日本語教師‬
    ‪#‎外国人‬ ‪#‎日本語‬
    ‪#‎教案‬ ‪#‎授業‬

  • 外国人だから受ける差別に悲しくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

みなみななみの作品

まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-に関連するまとめ

まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-を本棚に「読みたい」で登録しているひと

まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-の作品紹介

期待と不安を胸に中学校に進学した翔と歩夢。ブラジルや中国など様々な国にルーツを持つ友達と出会い、彼・彼女らと共に、時には泣き、笑い、悩み、考えながら、少しずつ成長していきます。さあ、あなたも二人と一緒に、新しい中学校生活を送ってみましょう。

まんが クラスメイトは外国人 入門編 -はじめて学ぶ多文化共生-はこんな本です

ツイートする