生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫る

  • 35人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 木山英明 
  • 明石書店 (2014年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750340166

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジム・アル-カリ...
イアン・スチュア...
ミチオ・カク
ピエール ルメー...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫るの感想・レビュー・書評

  • 物理学や宇宙論のすごく分かりやすい解説本を書いてくれるポール・デイヴィスの「生命の起源」を探る本。原書は1999年なので、もしかすると、内容的には少し古くなっていることもあるのかもしれないけど、十分、新鮮で、エキサイティングです。

    デイヴィスは、物理学の人なので、生命を物理学の法則から生命の起源、というか生命それ自体が説明できるか、ということを考えている。

    物理学的には、熱力学の第2法則つまり、エントロピーは増大し、秩序はだんだん無秩序になっていく、ということと、生命という高度な秩序は両立しないのではないかというのが基本的ななぞで、そこが議論の起点かな?

    もちろん、生命は、外部からエネルギーをうけとりながら、エントロピーを外に排出しているので、第2法則とは矛盾しないのだけど、それでも、混沌のなかから、どうして生命という高度に秩序だった複雑なシステムが生じ得たのか、そしてそれが人間という意識をもった存在まで進化したのか、という疑問はのこる。

    一応、進化のほうは、ダーウィン的な環境により適応したものが生存していくというプロセスで説明するとしても、もっとも単純な生物でも、相当に複雑で、どうしてそれが生じ得たかについては、第2法則的には、不可能に近い。

    ということで、物理学者は、生命の誕生はものすごくレアなことで、奇跡的なできごと。よって、宇宙のなかで、生命があるのは、地球くらいのものだろう、と考える傾向がある。

    一方、普通には(物理学以外の科学者もしばしば)、地球みたいな環境が整えば(そういう星はレアでも、宇宙全体のなかではほぼ無数にある)、生命はあるだろう、と考える。

    ここの考えのせめぎ合いが面白いよね。

    もちろん、この本で、答えはでないのだけど、著者はやや後者の立場に近いかな?

    地球での生命の誕生した場所は、海や水たまりみたいな、生命の原始プールではなくて、地下のマグマ近くかもしれない、とか、火星の生命が隕石で地球にやってきたのかもしれない、みたいな話しは、へ〜という感じですね。

    生命って、結構、タフで、隕石などを通じて、惑星間、銀河内なのでの生命の交流が可能であるというのは、壮大です。

    最後のほうで、いよいよ面白くなってきたぞ、というところで、話しが宙づりになってしまうところがあって、やや残念だけど、全体としては、あらためて科学って、いいな〜と思うのでした。

全1件中 1 - 1件を表示

生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫るを本棚に「積読」で登録しているひと

生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫るの作品紹介

地球外に生命は存在するのか。地球の生命はどこで、どのように誕生したのか。今世紀に入り進展著しい宇宙科学・生命科学の諸学説に、宇宙解説の先駆者である著者ならではの様々な領域のエッセンスを網羅しながら、この謎を解く鍵を探る。

生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫るはこんな本です

ツイートする