賢者の惑星−世界の哲学者百科

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 平野 暁人 
  • 明石書店 (2014年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750340944

賢者の惑星−世界の哲学者百科の感想・レビュー・書評

  • 帯文:”フランスの高校生の間で大人気 10万部を超えるベストセラー!” ”トンデモ痛快、哲学者列伝!哲学者ってこんなにお茶目だったの?きら星のごとく輝く最高の賢者たちがくりひろげる思想とギャグの数々。思わずくすっと笑え、目からウロコの体験も。自分の頭で考えたい人に贈る最高にユニークな哲学案内。”

    もくじ:デカルト、モンテーニュ、キルケゴール、ディオゲネス、ニーチェ、ライプニッツ、ハイデッガー、孔子、トマス・アクィナス、ヘラクレイトス、トクヴィル、フーコー、バクーニン、ルソー、バシュラール、ヘーゲル、懐疑主義者たち、デリダ、アビラのテレーズ、ヴォルテール、ヴィトゲンシュタイン、サド・・・他

  • 古今東(?)西の哲学者をイラストで解説。分からなくても分かったみたいな気にさせてくれる。
    原作がフランスなので、西洋の思想が多いのは仕方ないけれど、高等師範学校なんて書かれると、エッどこの??と思いますよね。当然フランスのなんですけど。
    東代表としては、孔子・荘子・仏陀とか。日本人が登場しないのはマッ仕方ないかと思うけど、インド人とかいるでしょう!!と思いました。孔子が取り上げられるなら、老子は孟子は…とね?

全3件中 1 - 3件を表示

賢者の惑星−世界の哲学者百科の作品紹介

孔子・仏陀からドゥルーズ、ブルデューまで古今東西の哲学者・思想家を選りすぐって紹介。気鋭の若手BD作家とジャーナリストが繰り出すスカしたマンガとツボを押さえた解説に、思わずクスッ、目からウロコの体験必至の痛快哲学絵本!

賢者の惑星−世界の哲学者百科はこんな本です

ツイートする