大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 樋口 武志 
  • 明石書店 (2015年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750342191

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大川周明とくれば東京裁判の奇行。世間に流布した大正天皇の遠眼鏡事件同様、いたしかたないと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅を本棚に登録しているひと

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅を本棚に「積読」で登録しているひと

大川周明と狂気の残影――アメリカ人従軍精神科医とアジア主義者の軌跡と邂逅の作品紹介

東京裁判にて奇行を働いた大川周明の精神障害は本物だったのか? その真偽を疑う説が存在することから、著者は連合国側の精神科医として大川の鑑定にあたった祖父の鑑定結果の検証に乗り出す。アジア主義を主導し国家を戦争へ導いたとされる大川と従軍精神科医として戦地に同行した祖父の足跡をたどることで、近代日本の苦悩と矛盾、そして戦地で兵士たちが損なわれゆく戦争の現実が浮かび上がる。戦後70年を経て、あの戦争にまつわる国家の狂気と人間の精神に新たに迫る傑作ノンフィクション!

ツイートする