「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する

  • 44人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山口裕之
  • 明石書店 (2017年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750345468

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学は民主主義社会を実現するために存在していると筆者はいう。そして、大学はそのための学びと対話の場であり、学生は「調べ,知り、考察し、話し合い、共有できる知識を作っていく」技法を学ぶのである。

    そういう哲学から、今日実施されている「大学改革」は全く間違っていることを、様々な角度から検証していく。日本における大学を議論する際の基本文献の一つだろう。

  •  世間で言われる大学改革は本当に意味があるのか。

     欧米と日本の大学の歴史にふれ、なぜ大学の学問の自由が保障されるべきなのかから始まり、選抜機能など大学(受験)教育以外の機能についてもふれ、そこからあるべき大学教育は何かを説いていく。
     これは就活とも重なるところだが、受験の競争が厳しく人々の人生が追われてしまうのは受験システムの問題というより社会保障などの社会システム全体の問題なのだと思う。競争がうまく行えればよくなるという考えは危ういと感じた。

      大学だけに留まらず教育、社会を考える上での必読書。

  • 東2法経図・開架 377.1A/Y24d//K

全4件中 1 - 4件を表示

山口裕之の作品

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するを本棚に「積読」で登録しているひと

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するの作品紹介

昨今の大学改革は正しい方向に進んでいるのか? 大学だけ取り出して大学論を議論するのは危険だ。なぜなら、大学は日本社会のシステムと密接に結びついているから。国家(政府)の押しつけではない、民主主義社会を支える装置としての大学のあり方を提言する。

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証するはこんな本です

ツイートする