ウツ妻さん

  • 53人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 早川いくを
  • 亜紀書房 (2013年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750513249

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桜木 紫乃
村田 沙耶香
辻村 深月
朝井 リョウ
朝井 リョウ
大野 更紗
宮下 奈都
西 加奈子
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

ウツ妻さんの感想・レビュー・書評

  • たった一度きりの人生だもの。

    そりゃ充実させたいし、幸せにだってなりたい。
    願わくば、そうありたい。

    …が、
    どうやら問題はその、
    「シアワセ」にあったらしいのだ。

    著者が以前書いた本がバカ売れし(私も購入者のひとり。^^;)
    ガッポリはいった印税で
    やれ、新築の家だ、
    土地探しだ~♪

    やんややんやと浮かれているシアワセの絶頂期に、
    謎の病「うつ病」を発症してしまった妻。

    何故?
    理想的な人生駆け上がりつつある最中に?

    うつ、
    って憂鬱のうつの事ではなかったのか。

    思いも寄らぬ病の発症に
    心療クリニックを転々とし、様々な人の助言や本に助けを請いながら
    著者が気付いた
    病の元凶とは・・・

    理想の幸せとは何か?
    もしもそれが、

    仕事があって、
    家があって、
    美しく理解ある配偶者がいて、
    可愛い子供がいて、
    家族が健康で、
    お金があって、
    不安が何もない暮らし。

    なのだとしたら、
    この病を発症する可能性は大いにあり、という警告(?)本。

    人生なんてままならぬもの。
    その幸せのビジョンを描いたのは、
    本当に自分だったのか?
    ただカタログの写真に憧れを抱いていただけでは無いのか?
    ・・・を、じっくり考え直してみたい、と思った。

  • うつ病になった奥様と一緒に生きている苦労あり笑いありの看病・闘病記なんだろうなぁと想像しつつ読み進める。
    そして第2章。突然のレインボーマンのくだり。
    熱く語られるレインボーマンの筋書きやキャラクターにテーマソング。
    熱く語るポイントがそこ?面白いからいいんだけど。好きだけど。
    3章では脱線ぎみが戻って最後まで面白く読めた。
    個人的にはこういう看病記の方がリアルに感じられる。

  • これは、すごい本だと思う。
    精神医療のプロから見て、このああ言えばこう言う的な患者さんについての記述や、それに向き合う家族の思いなど、笑ながらも舌を巻くことばかりだ。そして、治療に対して私たちに希望も与えてくれる。「寛解」することしかない病気とどう付き合うか。これほど医者の技量が問われることはない。しかし本当に必要なこの技量ほど、現在の精神科医療を取り巻く環境からなおざりにされているものもない。
    うつ病になった家族がいる人だけでなく、精神医療に携わる人にもお勧め。

  • 2013/12/11-12/15
    鬱症状を抱える家族の入門書
    「どう理解し、毎日をどう過ごすか」3年間の記録

  • 軽く読めるが実体験に基づいて書かれており、参考になる。

  • 毎日、過激に「不安」と「悲嘆」を量産するウチの妻。「さびしい」と泣いていても、特撮ドラマには大興奮! ウツ病を発症し、数年に渡り闘病生活を続けた妻と、それを支え、あるいは振り回された家族の、およそ3年間の記録。

    ここまで壮絶だとは…。

  • す、すごい。ウツもいろいろだけど、だけど、すごいな。
    ウツ妻さん書いていいって言ったんだろうね、これ。
    ウツ妻さんやるな、すごいな。
    なんか勇気づけられるわ。

  • 「へんないきもの」のヒット後、こんな事態になっていたとは・・・。
    コミカルに書かれてさくさく読めるけれど大変だったろうなあと思った。

  • 闘病記らしいけど、あーあるあるって感じのこともあって挿絵もあって面白かった。
    著者がうつに対する知識なかったのがちょっとって感じだった。

  • 鬱病に興味がある。これは最高の鬱病闘病記だ。鬱病についてあれこれ説明されるより、実際の患者の症状をそっくりそのまま書いてくれた方がよほどすんなり理解できるのである。この患者さんはうまくハッピーエンドになったけど、多くの患者さんはそうではなかろう。途中の特撮ヒーローの説明も無駄に詳しいのに飽きさせない。作者の文才のなせる技なのであろう。

  • 早川いくをさんのことを知らずに読み始めたので「いくを=ウツ妻」かと勘違いしてました。

    妻がウツになりまして夫が書いているわけですね。

  • トトコさんのエンドレスネガティブ発言にこちらまでイラっとなりながらもガッツリ読了。
    『へんないきもの』『カッコいい仏』の早川いくをさんがこんな本を⁉︎と意外でしたが、いい本でした☆
    2011年、4大疾病にうつ病が加えわり5大疾病となったんですね。
    将来設計、ライフプラン、人生計画。知らないと損をする何とか。安心確実なかんとか。今からでも遅くない。お早めのご検討を。健康・老後・美容・教育…不安をビジネスの種とする「不安産業」とは言い得て妙。
    現代女性のライフサイクルや水木しげる氏の人生マンガ1冊論など、ナルホドがイッパイ★

  • 闘病・体験記 : WM075/HAY : 3410156887

全14件中 1 - 14件を表示

ウツ妻さんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウツ妻さんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウツ妻さんの作品紹介

奇跡のように手に入った印税で手に入れようとしていた夢のマイホーム。「一生に一度のことだから、失敗はできないの」とばかり鼻息のあらかった妻トトコがある日、ウツ病に!
泣いてばかりいるトトコを世話し、家事と仕事を引き受け、孤軍奮闘。患者の家族ってたいへんだ! ぬいぐるみを買ったり、生き物を飼ったり、ヨガを試したり、思いつくことはなんでもしてみた。そして、トトコをなぐさめたのは、他でもない。レインボーマンにはじまる特撮ヒーローだった!!
毎日、過激に「弱音」と「不安」を量産するトトコ。「さびしい」と泣いていても、特撮ドラマには大興奮。

ウツ妻さんはこんな本です

ツイートする