ぺちゃんこスタンレー

  • 140人登録
  • 3.64評価
    • (12)
    • (9)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : トミー ウンゲラー  Jeff Brown  Tomi Ungerer  さくま ゆみこ 
  • あすなろ書房 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751518847

ぺちゃんこスタンレーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!

  • 公文の推薦図書だったので、借りてみた。
    なかなか良いお話じゃないですか。あるがままの自分を受け入れる。
    他人と比べない。
    でも葛藤しながら、励まされ前を向いて進んで行く。
    これぐらいの文章を子供にもそろそろ読んでほしいなぁ。

  • ぺちゃんこになったがゆえのメリットが楽しいです。

  • スタンレーはある朝、目が覚めるとぺちゃんこになっていました。お父さんもお母さんも病院に連れて行きますが、何をしても戻りません。最初は悲しかったスタンレーもぺちゃんこでいるのが楽しくなってきます。
    だって、ぺちゃんこだから大型封筒に入れば、世界中どこだって切手一枚で旅ができます。でも、ずっとぺちゃんこのままでは、上手くいかないことも出てきて・・・スタンレーは無事に元に戻れるのでしょうか。
    【DEAN】

  • Y9-M99-87

  • [公文]

    珍しく?公文が早く終わり、教室で読んでいた本のうちの一冊。まだママは読んでいないけど、ぺちゃんこになったスタンレーのその後を帰り道に話してくれたから、読まなくてもいいかな?

    結末はどうなるんだろうと思ったら、やっぱり元に戻れるんだね。文を読んでみないと雰囲気や割合はわからないけど、結構子どものいじめというか付き合いの上での悩みというかも盛り込んでいるのかな?

    絵画泥棒を捕まえてしばらく有名になったスタンレーだけど、やはり他と違うことで友達の対応に傷ついて、最後は弟の発想で空気入れを使って元に戻るという終わり方だったらしい。どんどんこうやって自分で読んで内容を教えてくれると嬉しいな。

  • 発想が面白かった。
    弟がお兄ちゃんを羨ましがるけど、その弟のおかげでもとの身体に戻れるから、弟の立場の子が読むとうれしいかも。

  • kumonの国語教材に採用されていて、なんて斬新な設定なんだ!と驚きました。
    人と違うところがあっても、本人が幸せなのが何より大事。兄弟愛もしっかりと感じました。

  • くもんC1推薦図書

  • スタンレーの大冒険。やはり多読再開用に念のため邦訳で予習。

全17件中 1 - 10件を表示

ジェフ・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ひがし ちから
モーリス・センダ...
ヨシタケシンスケ
トミー=アンゲラ...
ユージーン トリ...
ばーじにあ・りー...
ポール・フライシ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

ぺちゃんこスタンレーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぺちゃんこスタンレーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぺちゃんこスタンレーを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする