あなたがもし奴隷だったら…

  • 85人登録
  • 4.03評価
    • (15)
    • (7)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : ロッド ブラウン  Julius Lester  Rod Brown  片岡 しのぶ 
  • あすなろ書房 (1999年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (37ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751519738

あなたがもし奴隷だったら…の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 淡々と語りかけ問いかける文章に、こころがズッシリと重くなる。

    絵の持つ静かな迫力。
    描かれている人の淡々とした表情にバックの空の青さが切ない。

    奴隷として連れてこられた黒人たちの本当の辛さが分かったとは決して言えないが、
    でも読む前と読んだ後では格段に感じ方が違っている。

  • ほんっっとに……悲しい……
    恐ろしい……
    酷い……

    そんな言葉しか出てきません……

  • 4-7515-1973-5 39p 1999・2・25 初版

  • 自分ならどうだろうか。
    奴隷を鞭打つことを褒められる時代に、人を鞭打つことを拒絶できるか。自分だけの善悪判断を保てるか。
    私たちの気高さには多くの顔がある。
    その言葉を信じたい。

  • もし自分の子供にと考えるといささか刺激的かもしれない、大人の私でも一人で夜部屋で読むには刺激が強いです

  • 実際、私にとってはわかりえない領域の話なのかもしれない。
    目を背けたくなるような悲痛な叫びが伝わってきて、
    だけど目を背けられなくて食い入るように見てしまう矛盾した行動。
    あってはいけないこと。だけど“あった”ことであり“ある”ことなんだと思う。

    この本に出会ってよかった。知ってよかった。
    児童書の類ですが、大人こそ読むべきとも思った。

  • うかうかと読めない本だ。
    絵の迫力が重くのしかかってくる。
    きれいごとは通用しない。

    訳者のあとがきによると、
    著者は本文中で「人の気高さには多くの顔がある。」と述べている。
    訳者はこれを受けて、「想像する。思いやる。歴史に学ぶ。それらも人の気高さ」であり、「過ちをおかすにしろ、人間には気高さもある。そう信じて、未来を見たい。」としめくくっている。

  • 読者に想像を投げかけます。それゆえに読んでいてより切ない気持ちになりました。

  •  昨年、仲間から教えてもらった絵本である。ずっと心にかけていたのだが、今年の夏に図書館協議会の連絡会で「読み聞かせ」を研修することになり、その本として使えるかと思って購入した。
     うーむ、一読して重たい本だ。その伝わってくるものが明確で強烈で、その訴えるものの重さが、またその重要さが、ずっしりと心に乗っかかってくる。
     絵のすばらしさと問いかける文章のすばらしさとが相まって、「奴隷であること」の想像力をかき立てられる。また、その奴隷を使役する者への想像力も要求される。そう、人は被害者にもなるが、容易に加害者にも転じる者なのだ。
     今自由であること、自分が自分の主人であること、自分が自分に対して責任を持つこと、その尊い意味が改めて了解される。繰り返し繰り返し考えさせられる。
     これは、高校生に読ませるといいかもしれない。上手に読み聞かせができればもっと良いだろう。ただ、読み聞かせをするには難しい本なのかもしれないな。
     重たい、でもとても大切なものをもらった気がする。

  • もしあなたが奴隷だったら…と問いかけながら進んでいくお話。
    自分に置き換えて考えてみて

全19件中 1 - 10件を表示

ジュリアス・レスターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
ポール・フライシ...
ニッキ ジョヴァ...
モーリス・センダ...
ヨシタケ シンス...
にしまき かやこ
マーガレット・ワ...
マージェリィ・W...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたがもし奴隷だったら…に関連する談話室の質問

あなたがもし奴隷だったら…を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたがもし奴隷だったら…を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする