ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)

  • 528人登録
  • 3.80評価
    • (67)
    • (67)
    • (99)
    • (5)
    • (2)
  • 33レビュー
制作 : 佐竹 美保  Emily Rodda  さくま ゆみこ 
  • あすなろ書房 (2001年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751521120

ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローワンシリーズの第二巻です。
    「魔法の地図」からそう時は経ってませんが、魔法の地図の冒険が伝説となって広まったころ。
    平和を取り戻したリンの谷に、〈旅の人〉たちがやってきた。
    ふるさとを持たず、世界を旅して回る彼らを、無用者と嫌うものもいるが、リンの子供たちは彼らが大好き。
    〈旅の人〉はめずらしいおもちゃや絹の生地を持ってくるだけでなく、数々の物語を子供たちに聞かせてくれる。
    リンの子供たちも、〈旅の人〉の子供たちも、皆同じように火を囲んで、〈旅の人〉の長オグデンの物語に聞き入るのだ。
    巨人同士のの戦争の話、リン人々が谷に移り住む旅の話、海辺に住むマリスの民とともに、最大の敵ゼバックと戦った戦の話。
    そして、もはや幻となった、黄金の谷の伝説も…。

    相変わらずテンポのいい展開で、気づいたら読み終わってたー、みたいな読後感。
    物語がわかってくるのがすでに本の後半に入ったころだったので、転結はほんとに転がるように進んだな。
    こりゃ全国の子供さんがハマるわけだ。もちろん私はだだハマり(笑)
    冒険小説っていうより、RPGゲームやテレビアニメみたいな感覚…かといって、いやに砕けすぎてないのがいい。
    この伏線はなに? と考えはじめたとたんに、あっ、そういうことか!
    アハ体験してるみたいに気持ちがいいです(笑)

  • 伝説の“黄金の谷”は、本当に存在したのか?リンの村を襲う敵の正体をあばくため、そして、二つの民の友情を守るため、ローワンは、地獄へと足を踏みいれる!
    「ローワン」シリーズ、待望の第2巻。

  • やっぱり佐竹さんの絵、すきだなあ

  • 今度は遠出!
    またローワンかっこいいです

  • デルトラクエストの方で有名なエミリー・ロッダですが、
    私はローワンシリーズの方が好きです。

    なんにもできないローワンが四苦八苦頑張る話。
    暗号というのかな? 言葉パズルみたいな予言があって、それも面白いです。
    続きはでないのだろうかー?と期待しているのですが。
    あれで完結なんだろうか(泣)

  • シリーズニ作目。
    今回は、村を襲う敵の正体をあばき、二つの民の友情を守るために少年ローワンは
    旅立ちます。

  • シリーズ第二段ですが、前作とはまた違った緊迫感がありました。村に水を取り戻すという難題を解決したローワンが再び村を救うために旅の人と立ち上がりますが、前作よりも奇想天外で楽しかったです。

  • ローワンシリーズならこれが一番好き。
    エミリー・ロッダは素敵ですね。

  • ローワンの新たな冒険です。あいかわらず弱虫で怖がり、おまけに花粉症になっているローワンですが、そのおかげで村が滅亡の危機になったときに大活躍します。しかも、こんなに活躍しても「英雄だ」とふんぞり返らず控えめなところが好感度高いです。

  • ローワンシリーズ。
    高校生の時読んだかな、読んでる最中はそれなりに面白かったケド、数年経った今、内容がほぼ思い出せないのは問題…。
    それ程印象薄かったってことかな(´・ω・)すいましぇん

全33件中 1 - 10件を表示

エミリー・ロッダの作品

ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする