黒い兄弟〈下〉

  • 267人登録
  • 3.87評価
    • (48)
    • (31)
    • (60)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
制作 : Lisa Tetzner  酒寄 進一 
  • あすなろ書房 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751521250

黒い兄弟〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1995年に放送された『ロミオの青い空』の原作の後半です。

  • 怒濤の下巻。親友の死、逃亡、出会い、再生、目まぐるしく展開していきます。思わぬところで裏切られたり、助けられたり、人生の縮図ですね。読了後も余韻に浸りたくて、パラリとめくっては読み返してしまうような...「フランダースの犬」のような辛いだけの内容ではなく、子どもに勧められる良書ではないでしょうか。

  • えーと…ジョルジョが逃げるとは思ってませんでした。
    アニメに、監督の思うつぼ通りにはまって、やっと今頃読了。
    まさかのロレンツォにやられました。
    最後の隠し球かよ!みたいな。

    ちょっと後半、出来すぎなので★を1個減らしましたが。
    やはりアルフレドの存在は大きいですねえ。
    アニメほどではないですが。
    でもまさか、率先して逃げ出すとは…まあ逃げ出したくなる
    その気持ちはわかるのですが…後、アンジェレッタは、
    本当にあの家族なんですね………orz
    上巻よりこっちの表紙の方が好きなので、こっちにしました。
    ロレンツォがなー、意外だったなー。
    しかも、何故かルックス描写まで手が込んでるし。

    アニメのCDを聴きながら(持ってんじゃねえ)読んでました。

  • アルフレドの死に方が本当にむごすぎる。
    原作よりもアニメの方が泣けた(幼心に二人が純粋で可愛いと思ったんだと思います。)(あとは引き離される辛さとか)
    でも原作でも痛々しさもあり泣きました。上下巻を一晩で読めるくらいリズミカルに進んでいきますので長期休暇とかのときに良いです。

  • 読書日:2014年1月26日-27日
    Original title:Die Schwarzen Brüder.
    Arfredが亡くなるscene以降はanimaとの展開が全く違っていて驚きました。
    原作のこの後の展開の方が面白いのに何故animaは全く違う話を作ったのか。
    全く理解出来ません。

    ArfredがMIlanoに来た理由はanimaよりも詳細でした。
    共通している事は妹を必要としていて兄として愛しているという事。
    それから狼団との和解は胸を打ちつけました。
    意外と思ったのがRomioがMilanoを脱出しようと決意した経緯です。
    親方を好いていただけにあれはshockでした。

    物足りないと感じた事はBiancaとの結婚に至った経緯です。
    最終章でいきなり結婚して村に戻ろうとしている道中ですから。
    何よりも驚いたのはRomioと双子の男の子だけでなく、まだ下に3人も兄弟が生まれていた事です。

    読み終わって思った事は、
    Romio良かったね、漸く家に帰れたね。これからはどうか幸せに…。
    です。心温まる良い物語です。

  • 大好きな外国作品の一つ

  • 子供達がしっかりしていてすごいなぁ

  • 「ぼくらの誓い。ぼくらは今日この日から、つねに血を分けた兄弟のように力を合わせ、命あるかぎり、苦楽をともにする」

    ご存知の方も多いんじゃないかと思われる、世界名作劇場のひとつ「ロミオの青い空」の原作。

    アルフレド・・・。
    思い出すと今でも泣けます。


    とある少年ジョルジョが家庭事情により、イタリアミラノの煙突掃除夫に売られ、そこから幸福を得るまでの話。

    結構長いんで、苦手な人はいるかもしれないけど、是非読んでほしい一冊。

  • ミラノ、イタリアなどを舞台とした作品です。

全31件中 1 - 10件を表示

リザ・テツナーの作品

黒い兄弟〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒い兄弟〈下〉を本棚に「積読」で登録しているひと

黒い兄弟〈下〉の文庫

ツイートする