魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園

  • 154人登録
  • 3.64評価
    • (11)
    • (16)
    • (30)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : Chris Van Allsburg  村上 春樹 
  • あすなろ書房 (2005年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751522806

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
トミー=アンゲラ...
クリス・ヴァン ...
モーリス・センダ...
村上 春樹
湯本 香樹実
アクセル ハッケ
クリス・ヴァン・...
シェル・シルヴァ...
クリス・ヴァン・...
モーリス・センダ...
エドワード ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園の感想・レビュー・書評

  • ◆お行儀の悪い犬フリッツ。首輪を抜けて「ぜったいに、なにがあっても、犬を庭園の中に入れてはいけません」と注意書きのある犬嫌いの魔術師のお屋敷の中に逃げこんでしまう。◆フリッツのやることなすこと正しいダメ犬ぶりは犬好き心をくすぐる。世話係のアランはとてもいい少年!魔術師のお屋敷への入口は謎めいて魅力的で、フリッツでなくてもくぐりたくなる。入ってはならない美しい庭に迷いこんだアランのドキドキが伝わる。◆ほんとうのことをを知っているのは、今のところ、魔術師と愛すべき「しょうのない犬」フリッツと読者のみ(^艸^)【2013/10/13】

  • これジュマンジの人が書いてる絵本だったんか…。
    結局ほんとに現実だったんかーい、みたいのはジュマンジと同じオチ。
    まあでも悪い人ではないんだと思うよ(こなみ)

  • 犬が戻っていてホッとしたけど、ミス・ヘスターの推理を聞いてチョッとガッカリ。でも最後に夢を残しといてくれるところがいいね。

  • 27年度(6-1)
    13分

  • 怪しげな雰囲気のある絵柄に惹かれて。ただ、もっとダークなオチの方が自分の好みです。あるいはもっと複雑な話運び。すると、子供向けの絵本ではなくなってしまうのか…。

  • 魔法の規模が、さりげない。笑

  • あるサイトでとても褒めてあったので購入しました。
    村上春樹が訳していたのですね。
    絵はモノクロで雰囲気があります。すごく好みというわけではありませんが、お話の不思議な感じと世界観が心の中に残ります。
    何度も読みたい絵本です。

  • 犬の嫌いなアブドゥル・ガサツィの庭園に迷い込み、アブドゥル・ガサツィに預かった犬をアヒルにされてしまった男の子だけれど、戻ってくると犬はちゃんといた。
    犬の主人にもからかわれたのだと言われるが、犬はアヒルが咥えて行ってしまった男の子の帽子をおもちゃにしていた…。

    表紙のイメージとは違うけれど、こういう本当はどっちだったか分らない話好き。
    犬がアヒルが落としていった帽子を拾ってきたのかもしれないし…。

  • 読み聞かせ会の仲間内で前から評判の良い本だったので、今回5年生向けにチョイス。普通に読んで13分くらい。
    郷土のヒーローが翻訳した絵本ですよと前振りしたが、ハルキ小説を読む5年生なんていないか!でも独特の不思議な読後感は5年生なら十分に理解できると思う。目をまん丸にして聞き入ってくれる生徒もいて、読んでいて充実感があった。時間が許せば「みんなはどう思う?」と質問してみたかった!

  • 2011年9月18日

    <THE GARDEN OF ABDUL GASAZI>
      
    装丁/桂川潤

  • ・モノトーンの絵の中に、光の輝きと翳の美しさが描かれている。見ごたえのある絵。
    ・つたに覆われた広大な庭園と魔術師の独特な雰囲気に幻想的な世界へと引き込まれていく。
    ・先を想像させる終わり方。

  • 魔法なんてあるんだろうか。
    本当はどうだったんだろうか。

    真実は、魔術師と犬だけが知っている。
    たった一文で、物語は大きく転じて、完結する。

  • これも村上春樹訳でやはり学校で借りてきた。

    著者は、映画にもなった「ジュマンジ」の作者。
    独特な世界が広がり、魅力的な絵本。

    娘も面白がっていた。

    2007年11月

  • モノクロの鉛筆画が静かな印象を与える絵本。本とこちらの間にスクリーンが一枚存在しているような感覚。

    結末をこちら側に委ねるような終わり方。魔術師よりミスへスターの方が気になる・・・

  • 奇妙な味の短編小説をよんでいるような絵本。オールズバーグなので高学年にもいけそう。12,3分とちょっと長いので、朝読の読み聞かせには使いづらいか。

  • 不思議な絵の世界が文章にぴったり。
    文章だけ取り出して自分で挿絵なんか書いてみたら楽しそうだな、と思った。

  • オールズバーグって絵が上手なのか、ヘタなのか、分からないところがとてもいい。不思議な世界を覗かせてくれて、そしてポンと知らんぷりで「アンタがこの先は自分で考えてみろよ」ってこちらに振ってくる。自分の日常が磐石なものではなく、いつも動いていてそこが面白いのさ・・というのがオールズバーグ流。村上春樹さんが楽しんで、そしてオールズバーグ気分で訳しているのがいいな。

  • 偉大なるガザツィさんは、大の犬嫌いで、自分の家にやってきた犬をアヒルに飼えてしまう。アランの場合も例外なくフリッツをアヒルに変えてしまった。
    一番かわいそうなのはアランである。留守番でみていたフリッツをアヒルに変えられ、魔法は一生とけないかもと言われ、犬の飼い主のミスへスターの気持ちも考え落ち込むからだ。
    最後にちょっとしたどんでん返しがあって、気持ちはほっとする。キーワードは帽子。
    モノトーンの世界が想像をかきたててくれる。

  • アブドゥル・ガサツィの庭園に逃げ込んだ犬を少年が追いかけます。
    しかしそこは「ぜったいに、何があっても、犬を庭園に入れてはいけません。引退した魔術師ガサツィ。」と書かれた庭園だったのです。

全22件中 1 - 22件を表示

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする