龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)

  • 16人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 佐竹 美保  Kai Meyer  遠山 明子 
  • あすなろ書房 (2012年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751524183

龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • う〜ん…あんまり面白くなかったなあ。
    最初は、天空の島とか霊気とか龍の娘とか、ファンタジー読みが心を踊らせる要素に事欠かなかったんだけど、登場した瞬間から気に食わなかった月姫に心奪われるニコロに全く共感できず。物語の本筋も、想像したよりコンパクトというか。天空の島とかアレッシアがもう少し絡んでもいいんじゃない?と思った。
    最後まで馴染めなかったのが龍。中国など東洋の龍は、西洋の怪物じみたのと違って神格的だから、簡単に人を乗っけちゃったり群れたりするのはちょっと違和感があった。ま、ファンタジーだから自由ではあるんだけど。
    でも、微風と飛卿の友情は素敵だった。飛卿の正体は微風の想い人だったんじゃないかと思いながら読んでいたのだけど、明かされなかったな。

  • 完結。
    ちょっと読むのがつらかった。
    なんとゆーか、希望がなさすぎる、とゆーか・・・・。
    まあラストにはなんとかなって、二コロと女禍が2人で旅に出るって感じなので、読後感はそう悪くないんだが、
    エーテルとの闘いが、龍とか死にまくりだし、
    岩鬼、だっけ?あれの造形が気味悪すぎてまずダメだ。
    月姫の存在もすっきりしないとゆーか。
    あ、そうそうニコロが女禍に暴言はきまくりだったのがなんか腹立った。
    仕方がないといえば仕方がないんだが感情がついていかないんだなー。
    微風と飛卿との友情関係が救い。
    漢さんも結構好き。
    と考えると、結構主人公のニコロより周りの登場人物の方が好きだったなあ。
    アレッシアも頑張ってたし。
    アレッシア側とニコロ側との話がもっとからんでくるかと思ったけど、
    結構別々の話な感じだったな。
    元凶のエーテルって存在が、
    人じゃないからしょうがないんだが、人格、とゆーか、キャラクターとして
    とらえきれないから、漠然とした恐怖みたいなもんで、
    それに抗わなきゃいけない登場人物たちの絶望感、とゆーか、
    そーゆーのがちょっと重くて疲れた。

全2件中 1 - 2件を表示

カイ・マイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)を本棚に登録しているひと

龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)の作品紹介

1700年代の中国・清朝とルネサンスの世界が交錯するカイ・マイヤーの壮大なファンタジー、完結編。ついに明かされる霊気の企み。龍は世界を救うことができるのか?

龍とダイヤモンド―天空の少年ニコロ〈3〉 (天空の少年ニコロ 3)はこんな本です

ツイートする