8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)

  • 55人登録
  • 4.18評価
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 松田 哲夫  南 伸坊/案内人 
  • あすなろ書房 (2012年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751527283

8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良作を少しずつ読めるのが良い。
    文学シリーズを一通り読み終わったので、哲学へ移行。

  • 高峰秀子   文章修業
    茨木のり子  美しい言葉とは
    国分一太郎  まんじゅうの皮とあん
    島尾敏夫   昔ばなしの世界
    井上ひさし  パロディ思案
    池田晶子   だからこそ力に満ち
    日高敏隆   「なぜ」をあたため続けよう
    戸井田道造  おいしい仔犬
    湯川秀樹   知魚楽
    須賀敦子   塩一トンの読書
    白洲正子   知恵というもの
    渡辺一夫   教養について
    河合隼雄   100%ただしい忠告はまず役に立たない
    城山三郎   大志信仰/人間通の勝利
    吉川幸次郎  東洋の合理主義
    岡本太郎   「岡本太郎の眼」はじめに
    澁澤龍彦   幸福より、快楽を
    杉浦日向子  つかず、はなれず、ユラユラと
    三遊亭小圓朝  あくび指南  飯島友治編

  • ふりがなもふってあり、著者紹介もあり、
    欄外には言葉の説明もしてあります。
    井上ひさしから澁澤龍彦まで載っているのがおもしろいです。

全4件中 1 - 4件を表示

8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)を本棚に「積読」で登録しているひと

8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)の作品紹介

高峰秀子『文章修業』、茨木のり子『美しい言葉とは』、白洲正子『智恵というもの』など、「考える」ためのヒントがちりばめられた19編。知識と知恵って、どう違うのでしょう?

8はじける知恵 (中学生までに読んでおきたい哲学)はこんな本です

ツイートする