名なしのこねこ

  • 20人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • アリス館 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (38ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752003489

名なしのこねこの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公園で子猫を見つけたら?あたたかい絵で、いのちの大切さ、家族のありかたが伝わる本

  • ノラネコと家ネコの寿命の差を聞いて
    庭にきていたまよい猫を家に入れることにした。

    そういうことがわかりやすく書かれていて
    ネコとの出逢いは誰もみなドラマチックで
    いのちのあたたかさとその重さに
    なにがしかの使命感を感じてしまうものだと思う。

  • 図書館で借りました
    43ページ
    高学年程度の漢字に振り仮名。
    低学年程度の漢字には振り仮名なし。

    本当の話。

全3件中 1 - 3件を表示

とりごえまりの作品

名なしのこねこの作品紹介

片目は目やにでふさがり、はなの穴もはな水がかたまり、ふさがっています。苦しそうに口で呼吸していました。『このままでは、死んでしまうかもしれない』そう思った瞬間、わたしはこねこを抱き上げていました。片手でもてるほどの、軽いからだでした。これは、わたしが1ぴきのこねこに出会ったときの、物語です。

名なしのこねこはこんな本です

ツイートする